渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 矯正の種類とメリット・デメリット » ストリッピング

ストリッピング

矯正治療は、歯を理想的な位置に移動させて歯並びを整えるというものです。したがって、矯正治療を行うには歯を移動させるだけのスペースを確保しなくてはいけません。そのための方法のひとつが、歯を削って隙間を確保する「ストリッピングという手法です。

ここでは、ストリッピングを行っている渋谷の矯正歯科の紹介と合わせ、ストリッピングの特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

スピード矯正を行なっている渋谷区の矯正歯科3選

渋谷矯正歯科 マウスピース矯正システム

渋谷矯正歯科 マウスピース矯正システムの公式サイトキャプチャ
引用元:渋谷矯正歯科 マウスピース矯正システム(https://www.mienaikyousei.tokyo/)

デンタルローン制度を導入しているので、無理のない支払いができるのが魅力的です。矯正治療には、主にインビザラインを用いた治療を行っているので、目立たない矯正が可能です。

院内は患者さんが過ごしやすい清潔な空間となっており、リラックスして過ごせます。設備も充実しており、光学3Dスキャニングシステムを始めとする設備をそろえているのが特徴。患者さんの状態に合わせた矯正治療に対応します。

渋谷矯正歯科 マウスピース矯正システムのストリッピングの費用

内訳 合計費用

要問い合わせ

要問い合わせ

渋谷矯正歯科 マウスピース矯正システムの口コミ・評判

ふきだし「カウンセリングをとても丁寧にしてくれて安心できました。また、見えない矯正を専門的に行っているということでここに通院しようと決めました。治療開始からまだ半年程度ですが、状態が改善されている実感があります。」

参照元:デンターネット(http://www.denternet.jp/link.htm?prf=13&gun=13&clinam=%bd%c2%c3%ab%b6%ba%c0%b5%bb%f5%b2%ca)

渋谷矯正歯科 マウスピース矯正システムの基本情報

渋谷矯正歯科 マウスピース矯正システム公式HPはこちら

カレブラン矯正歯科

カレブラン矯正歯科の公式サイトキャプチャ
引用元:カレブラン矯正歯科(https://www.carreblanc.jp/)

成人のための見えない矯正、目立たない矯正、部分矯正のほか、小児矯正やホワイトニングなど幅広い治療を行っている歯科医院です。24時間オンライン受付を行っているので、いつでも予約を入れられるのが強みです。

矯正方法も豊富なので、目立たずに矯正治療をしたい人には裏側矯正、短時間・低コストで矯正をしたい人には表側矯正といったように、患者さん一人ひとりに合わせた矯正方法を選択できるようになっています。

カレブラン矯正歯科のストリッピングの費用

内訳 合計費用
  • 要問い合わせ
  • 要問い合わせ
要問い合わせ

カレブラン矯正歯科の口コミ・評判

ふきだし「歯科矯正とホワイトニングでお世話になっています。歯科矯正は最初こそ不安がありましたが、先生やスタッフの方は優しくしてくれましたし、料金も明確かつリーズナブルでここに来てよかったと思える歯科医院でした。」

参照元:google(https://www.google.com/search?q=カレブラン矯正歯科&oq=カレブラン矯正歯科&aqs=chrome..69i57j69i60j69i61j0l4.1193j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8#lrd=0x60188b41ba06aaab:0x1641bb99743cd13b,1,,,)

カレブラン矯正歯科の基本情報

カレブラン矯正歯科公式HPはこちら

SMILE ACCESS矯正歯科

スマイルアクセス矯正歯科の公式サイトキャプチャ
引用元:SMILE ACCESS矯正歯科(https://smile-access.com/)

スマイルアクセス矯正歯科では、矯正歯科認定医が在籍しているのが特徴。認定医は矯正治療における一定水準の学識・経験を持っているため、さまざまな症状に対応できることが期待できます。主にインビザライン治療を行っていますが、それが難しい場合でも、その他の治療オプションで患者さんの理想の歯並びとなるよう努力してくれます。

また、オンライン診療にも対応しており、直接通院する回数を減らしたり、遠方の患者さんでも通院と変わらない診療を受けることができます。

スマイルアクセス矯正歯科のストリッピングの費用

内訳 合計費用
  • 要問い合わせ
  • 要問い合わせ
要問い合わせ

スマイルアクセス矯正歯科の口コミ・評判

ふきだし「最新の設備が整っている歯科医院という印象です。治療計画の説明は3Dモニターを用いて行われるほか、提携のアプリで治療経過を確認することもできます。アプリがあるので次回通院までの間が大きく空いても安心です。」

参照元:google(https://www.google.com/search?q=スマイルアクセス矯正歯科&rlz=1C1CHZL_jaJP841JP841&oq=スマイルアクセス矯正歯科&aqs=chrome..69i57j69i61l2.687j0j9&sourceid=chrome&ie=UTF-8#lrd=0x60188b6bb3a88b97:0x1a859e92f0c6b43b,1,,,)

スマイルアクセス矯正歯科の基本情報

スマイルアクセス矯正歯科公式HPはこちら

ストリッピング(IPR)とは

矯正治療においては、歯を移動させるための隙間が必要です。「ストリッピング」とは、この歯を移動させるためのスペースを確保するために、歯を削って隙間を作ることを言います。別名「ディスキング」とも呼ばれます。また、「IPR」は「InterProximal Reduction」の略です。

歯を削って隙間を作るといっても、そう大幅に削るわけではありません。削るのは歯のもっとも硬い部分であるエナメル質の層で、削る範囲も決められており、わずか0.2mm~0.5mm程度となっています。そのため、削る際に痛みを感じたり虫歯になりやすくなったりするリスクは少ないのです。

また、ストリッピングは歯の隙間を作る以外にも、歯間乳頭の形成や歯列の長期的な安定のために行われることもあります。

ストリッピングのメリット

そのままでは矯正困難な歯を移動させられる

十分なスペースがないため矯正が困難な歯列でも、ストリッピングによって歯を移動させて隙間を作れば矯正が可能になります。一つひとつの歯を削る範囲は小さくても、複数の歯を削った範囲を合計すれば5mm、7mmといった十分な隙間が確保できるので、歯を大きく動かせるのです。また、ストリッピングによって隙間が確保できれば、歯を抜いてスペースを作る必要もなくなります。

ブラックトライアングルをなくせる

ブラックトライアングルとは、歯と歯の間に生じることがある隙間です。歯周病が進行しているとこのブラックトライアングルが生じ、歯と歯の間に大きな隙間ができてしまうのです。ストリッピングによって歯を削れば、この隙間を小さくし、ものが挟まりやすくなったり汚れがたまりやすくなったりする状態を解消できます。

ストリッピングのデメリット

歯を削れる範囲には限界がある

いかに複数の歯を削った範囲を合計すればかなりの大きさのスペースを確保できるとはいえ、歯を削れる範囲には限界があります。そのため、大幅な矯正が必要な九度の不正咬合の矯正にはストリッピングが適さないこともあります。

歯が弱くなる可能性がある

あくまでエナメル質の表層部分のみを削るとは言え、歯に全く影響が出ないわけではありません。時には歯の強度が弱くなってしまうこともあります。

治療が可能かどうか医師と相談しよう

ストリッピングはそのままでは歯を抜かなくてはいけないようなケースでも、歯と歯の隙間を確保することで歯の移動を可能とする便利な方法です。しかし、歯を削れる範囲には限度がありますし、すべてのケースに適用できるわけではありません。そのため、ストリッピングを希望する場合は事前に担当医に相談し、自分に適しているかどうかをきちんと確認することが大切です。

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。