渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 矯正の種類とメリット・デメリット » クイック矯正

クイック矯正

歯

クイック矯正はセラミックなどの素材で作られた人工的な歯を被せたり貼り付けることで、整った歯並びに見せる治療です。ワイヤーによる歯列矯正とは治療法や治療期間も異なります。

ここではクイック矯正とワイヤー矯正の違いや、歯並びを矯正するときの注意点などを解説します。

クイック矯正(セラミック矯正)で評判の渋谷区の歯科3院

さくらプラチナム歯科

診療時間12時から21時まで、22時から明け方5時までと緊急夜間診療体制を採用しているさくらプラチナム歯科。矯正歯科・審美歯科においてはセラミック矯正のほか、表側矯正・裏側矯正・インビザラインによるマウスピース矯正を提供しています。

「高い技術をリーズナブルな価格で」を経営理念として掲げており、矯正治療では分割払いも利用可能。月々3万円から矯正治療を始められます。費用面がネックで矯正を諦めていた方も、さくらプラチナム歯科でカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

さくらプラチナム歯科で矯正治療を受けた方の口コミ

ふきだし「院内がきれいで、歯医者独特の嫌な匂いもありませんでした。予約していた時間よりも早く着いてしまったときも、嫌な顔されるどころか、スピーディーに診察を始めていただけたのが良かったです。あと、土日も診療してもらえるので、通院しやすくて助かります」

ふきだし「カフェでかかっているようなオシャレな音楽が流れていて、まるで歯医者さんじゃないみたいな雰囲気。先生の対応も丁寧で、料金面も納得できる価格帯でした。これからも続けてお世話になりたいと思います」

ふきだし「仕事が終わるのが遅くて、なかなか歯医者に通えない日が続き、遅い時間帯でも診察してくれるクリニックがないかと探していて、こちらのクリニックを見つけました。診察の際には、ホームケアのアドバイスもくれるのが嬉しいです。料金も平均的で、今後も利用させていただきたいと感じました」

さくらプラチナム歯科の医師紹介

さくらプラチナム歯科で理事長を務める田島義久医師は、自身を「日本一働く歯科医師」と称するドクター。国立長崎大学歯学部を卒業後15年間で、診察日数は4,900日以上(年間326日以上)で約18万人の患者を診てきたそうです。また、趣味はゲーム・アニメ・漫画といった親しみやすい人柄がうかがえる一面も。

さくらプラチナム歯科の基本情報

さくらプラチナム歯科公式HPはこちら

オーラルプロポーションクリニック

オーラルプロポーションクリニックは表側矯正や目立たない矯正のほか、セラミック矯正や外科矯正まで幅広い治療メニューを扱っています。できるだけ多くの治療法を用意することで、矯正中の見た目・痛みの心配や費用面・治療期間に対する要望など、患者の要望に応えているのです。

また、歯医者が苦手な方でも通いやすいように、診察室は個室を用意。インテリアやアロマにもこだわって、リラックスして通える環境を整えています。

オーラルプロポーションクリニックで矯正治療を受けた方の口コミ

ふきだし「先生やスタッフの方の対応が素晴らしく、患者1人ひとりにあった治療を提案してくれるクリニックです。待ち時間も短くて、いつも10分以内には治療を始めてもらえます。院内は清潔感があって診療室が個室なので、落ち着いて治療が受けられました」

ふきだし「歯医者の治療に対するネガティブなイメージを変えてくれたクリニックです。治療の前は『どうしてこの処置が必要なのか』をきちんと教えてもらえるので安心できますし、治療中の痛みにも配慮してもらえます。また診察室が個室だったのも◎でした」

ふきだし「丁寧に治療してもらえるのはもちろんのこと、納得できるまで噛み合わせを調整してくれます。説明も丁寧で、どの治療法を選ぶのか迷ったときは、きちんと相談に乗ってもらえます。歯ブラシの使い方などをレクチャーしてもらえるのもありがたいです」

オーラルプロポーションクリニックの医師紹介

理事長を務める小野貴庸医師は、1人ひとりの患者と真摯に向き合うことをモットーにしています。ときには1~2時間ほど、患者との相談に費やすこともあるんだとか。

出身は明海大学歯学部。卒業後は東京医科大学病院・口腔外科に入局し、口腔外科医としてのスキルを磨いてきました。矯正の専門ではありませんが、患者の希望を叶えるためにケアや相談などで尽力してくれる医師です。

オーラルプロポーションクリニックの基本情報

オーラルプロポーションクリニック公式HPはこちら

青山通り表参道歯科クリニック

「歯としてきちんと機能すること」「自然な見た目の美しさ」の2つの観点を持って、歯科医療の提供に取り組む青山通り表参道歯科クリニック。矯正治療においては歯並びの美しさだけでなく噛み合わせにも気を配り、患者とコミュニケーションを取りながら丁寧に治療を進めてくれます。

表参道駅から徒歩4分の好立地にあり、祝日以外は全日診療しているなど、抜群の通いやすさも魅力です。

青山通り表参道歯科クリニックで矯正治療を受けた方の口コミ

ふきだし「友人の紹介されて、このクリニックで治療してもらっています。先生やスタッフの方が話しやすい雰囲気を作ってくれていて、居心地がとても良いです。歯の悩みも無事改善されました!これからも通いたいと思えるクリニックです」

ふきだし「治療してくれる先生や、スタッフの対応がとてもよく、技術も申し分ありません。院内はとても清潔に保たれており、待合室は静かで快適に過ごせます。治療前のカウンセリングではこちらの意見も聞きながら方針を決めてくれるのが好印象でした」

ふきだし「先生やスタッフの方が、真剣に治療をしてくれている様子がうかがえて、信頼できると感じました。先生が親切な方で、質問があれば気軽に話しかけられるので安心です」

青山通り表参道歯科クリニックの医師紹介

青山通り表参道歯科クリニックの院長・大多良俊光医師は、長崎大学歯学部出身。卒業以降約4年半にわたり勤務医として経験を積み、審美歯科・インプラント治療・予防歯科をメインに学んできました。

青山通り表参道歯科クリニック開院後、現在でも新しい知識のインプットに余念がなく、さまざまな学会やスタディグループなどに参加。勉強熱心な人柄がうかがえます。

青山通り表参道歯科クリニックの基本情報

青山通り表参道歯科クリニック公式HPはこちら

クイック矯正の治療の流れやメリット・デメリットなど

クイック矯正は「セラミック矯正」とも言われる治療法です。治療方法は、先述したとおり自分の歯の上に人工的な歯を被せる、あるいは貼り付けるというもの。

クイック矯正には大きく分けて2つの治療法があります。ラミネートベニアを使用するもので、もうひとつはクラウンを使用するものです。ラミネートベニアは歯の表面を少し削り、歯の形をした薄い板(シェル)を貼り付けるという治療法。一方クラウンは歯の上部を細く削ったり土台を取り付けて、その上から人工的な歯(クラウン)を被せる治療法になります。

クイック矯正は自費となり、保険適応外です。費用の目安はセラミッククラウン1歯が7万~15万円です。

クイック矯正の治療の流れ

クラウンを被せる場合の治療の流れとしては、まず自分の歯の上部を削り細くして、土台となるものを取り付けます。その上にセラミックでできた人工的な薄片、あるいは被せ物を取り付けて完了です。

ラミネートベニアの場合は歯の表面全体を非常に薄く削り、歯の前面にラミネートベニアを特殊な接着剤を使って取り付けます。

治療後は被せたものの状態や、自分の歯の状態をチェックするために定期的に受診することが大切です。

最大のメリットは治療期間の短さ

クイック矯正の最も大きいメリットは、治療期間が歯列矯正に比べると短いことです。

歯根を動かして歯並びを整える治療ではないため、ラミネートベニア、クラウンのどちらも一般的には2週間~6ヵ月程度の治療期間となります。

また、歯列矯正時に発生する治療の後戻り(歯が元の位置に戻ろうとする動き)もありません。

歯を白くしたいと希望する場合も、クイック矯正でお手軽に白い歯を実現できます。ただ単に白いだけでなく、自分に合った最も美しい色味に調整していくことが可能です。

デメリットは健康な歯を削る必要があること

一方、クイック矯正最大のデメリットは、セラミックの薄片やクラウンを装着する際に健康な歯を削る必要があることです。ケースによっては神経を抜く必要が出てくることもあります。

さらに、歯が重なり合っている場合は、被せ物をするために邪魔になる歯を抜く必要が出てくるケースも。

こうした治療過程における歯を削る、神経を抜くという行為が歯の寿命を短くする可能性もあります。

また、歯根から動かして物理的に歯の並びを矯正する治療ではないため、全体的なかみ合わせを改善することはできません。歯並びによっては、この治療法が行えない場合もあります。

一部の歯並びを整えたい・短期間で済ませたい人に適している

クイック矯正は、全体的な噛み合わせは問題ないものの、前歯数本など一部の矯正をしたいという場合におすすめです。

また、歯の黄ばみが気になる人にとってはセラミックのきれいな人口の歯を装着するクイック矯正がぴったり。

近いうちに人前に出る機会があるため治療期間を短時間で済ませたい、といった人にとってもクイック矯正が適しています。

ワイヤーを使った表側矯正の治療の流れやメリット・デメリット

歯列矯正は、矯正装置を使って自分の歯を根っこから動かし、歯並びを整える治療のことです。これにより噛み合わせなども矯正されます。

歯の表面に器具をつけてワイヤーを通し、整えたい位置を固定し、歯をゆっくりと理想の位置まで動かして歯並びを整えていきます。

最大の特徴は、自分の歯自体を整った並びに矯正できることです

治療費は保険適用外、一般的には医療費控除外です。全顎矯正の場合で、一般的な費用は100万円程度となります。

ワイヤー矯正の治療の流れ

まず歯の診断を受け、虫歯や歯周病など、治療すべき箇所を確認します。歯列矯正用の器具を装着した後ではこうした治療がやりにくいため、予防を含め、口腔内の健康維持についての指導を受けます。

その後、器具を装着。装着後は3~6週間に1回程度のペースで通院し、状況を確認します。

器具が取れた後も歯が元に戻ろうとするため、歯を支える周囲組織が安定するまでは保定装置をつけておきます。この時期にも定期的に通院し、歯が安定しているかを確認。期間はおよそ2年間かかります。

最大のメリットは歯を削る必要がないこと

最大のメリットは健康な歯を削ることなく矯正できることです。自分の歯の位置を動かして歯並びを整えるため、歯の寿命や強度にもクイック治療に比べると少ないでしょう。

また、歯列矯正によってかみ合わせが改善されるので、かみ合わせによって誘発していた諸症状(頭痛、肩こりなど)が改善される可能性もあります。

デメリットは矯正器具の装着・治療期間の長さ

ワイヤー矯正のデメリットは、矯正装置つける必要があること。装置している間は食べかすなども付着しやすいため、こまめに歯磨きするなど口腔内衛生には気をつけなくてはなりません。

また、治療期間が長いことも懸念点です。歯並びの状態にもよりますが、治療期間として2~3年程度を考えておく必要があります。

治療中、治療後も歯並びが安定するまでは定期的に通院する必要があり、時間的にはかなりの時間を治療に当てる覚悟が必要です。

自分の歯をそのまま維持したい人に適している

自分の歯を健康な状態で維持した上で歯並びを整えたいと希望する人は、ワイヤーによる歯列矯正を選択するといいでしょう。

治療期間が長いため、それに対応できることが条件になります。

クイック矯正(セラミック矯正)をした人の体験談

「すきっ歯をセラミック矯正で治療しました」

上の前歯2本のあいだのすき間が気になって、セラミック矯正をしました。それまで一度も虫歯もになったことがなかったので、そんな健康な歯を削ったり神経を抜いたりすると言うと親には反対されましたが、その反対を押し切って治療しました。結果的にはやってよかったと思っています。

手で隠して笑うクセがいつの間にかなくなっていて、思いっきり笑えるようになりました。当時は反対していた親が「笑顔の写真が増えた」と言って、一緒に喜んでくれたのも嬉しかったですね。年齢を重ねてからも、「若いうちにやっていて良かった!」と感じることだらけです。

治療から15年近く経ちましたが、セラミックが外れたことは今のところありません。できるだけせんべいなどの硬いものを差し歯で噛まないように気を付けていますが、ときどき忘れて噛んじゃいます(笑)。歯茎の変色や口臭など気になる点もなく、セラミック矯正を選んで正解だったなあと感じています。

「ワイヤー矯正よりもリーズナブルで早い」

変な位置から歯が生えていたり奥に引っ込んでいたりと子どもの歯並びがすごく悪くて、また歯磨きがしづらいので虫歯にもなりやすく、頻繁に歯医者さんに通っていました。歯医者さんは大嫌いになりましたし、小学生になった頃ぐらいから見た目も気になり出し、笑う時は無意識に口元を手で隠してしまうほどコンプレックスでした。

小児矯正も考えましたが、当時200万円ほどかかると言われ断念。コンプレックスが消えないまま大人になり、嫌な思いもたくさんしました。そんなときセラミック矯正を知って、カウンセリングを受けてみたんです。ワイヤー矯正より安く、そして早く矯正できると教えてもらいましたが、健康な歯をたくさん削ったり抜いたりするのには、やっぱり躊躇いもありました。

いっぱい考えた結果、セラミック矯正することを決意。抜歯も神経を抜く治療もしましたし、健康な歯も削ることになりましたが、治療が終わった今ではまったく後悔していません。ガタガタだった歯並びがキレイになり、とっても嬉しくて、まるで新たな一歩を踏み出せた気分です。

「いま、セラミック矯正で治療中なんですが…」

前歯部の歯並び、とくに歯と歯のすき間が気になってセラミック矯正をすることにしました。前歯4本を削って、今は仮歯の段階です。これは完全に私の勉強不足なんですが、あんなに歯を削ることになるとは思いませんでした。仮歯にも違和感があって、外れては付けてもらうの繰り返し…。

不安になって改めて調べてみると、ワイヤー矯正のほうが良いという意見が多くて後悔しました。しばらくは立ち直れなかったほどです。

でも、どんな治療を選んでもデメリットは付き物。もうやってしまったことですし、吹っ切らないといけないなあ~と思っています。歯の大切さも身に染みて感じました。今後はセルフケアを大切にして、キレイな歯のままでいられるように頑張ります!

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。