渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 矯正の種類とメリット・デメリット » 表側矯正(唇側矯正)

表側矯正(唇側矯正)

一般的な矯正方法として知られる“表側矯正”について、治療効果や特徴、メリット&デメリットなどをまとめています。今回は渋谷エリアでおすすめ表側矯正の歯科医院も紹介します。

歯の表面に装置を付ける矯正方法

矯正治療と聞いてほとんどの人がイメージするのは、この表側矯正でしょう。

歯の表面にブラケット(矯正装置)を装着してワイヤーでつなぐもので、ブラケットは従来からある金属製のほか、白または透明のセラミックやプラスチックなど、様々な素材で目立たない色の審美ブラケットがあります。中には、ブラケットだけでなくワイヤーも透明や白のものを使ったり、キュービックジルコニア(ダイヤモンドに似た人口石)製のブラケットなども存在します。

また、“セルフライゲーションブラケット”といって、これまでよりもブラケットとワイヤーの摩擦力を軽くした新しいタイプの装置も登場しています。より効率よく歯が動くので治療期間が短くできるメリットがあります。

表側矯正法のメリットとデメリット

ここでは、表側矯正を従来からある『金属ブラケット』、目立ちにくい素材の『審美ブラケット』、新しいタイプの『セルフライゲーションブラケット』の3種類に分け、メリットとデメリットを考えてみましょう。

【金属ブラケット】メタルブラケット、ビクトリーシリーズ、エイベックスMXなど
メリット デメリット
  • 治療費が比較的リーズナブル
  • 様々な症状に適応する
  • 治療期間が比較的短い
  • 装着時の違和感がある
  • 装置が目立つ
  • 金属アレルギーの方には適応しない
  • 歯磨きや虫歯の治療が難しい
【審美ブラケット】インスパイアice、クリアティ、エイベックスCXなど
メリット デメリット
  • 金属ブラケットに比べて装置が目立たない
  • 様々な症状に適応する
  • 金属アレルギーの方でも装着できる
  • 装着時の違和感がある
  • 歯磨きや虫歯の治療が難しい
【セルフライゲーションブラケット】デーモンシリーズ、クイックブラケット、クリッピーCなど
メリット デメリット
  • 治療期間が短縮できる
  • 様々な症状に適応する
  • 痛みが少ない
  • 従来の表側矯正よりも歯みがきがしやすい
  • 装着時の違和感がある
  • 従来の表側矯正よりも少し治療費が高くなる
  • 従来の表側ブラケットよりも少し厚みがある

表側矯正で評判の渋谷区の歯科クリニック

はちやデンタルクリニック

JR原宿駅の竹下口から徒歩3分のところにある矯正歯科クリニック。

表側矯正は、オールセラミックの半透明ブラケットやホワイトワイヤーで目立ちにくいものを用意しています。

セルフライゲーションブラケットも、セラミック製のものを選べるので、目立ちにくく治療期間も短くできて人気です。

内訳 合計費用
  • 検査料・診断料…50,000円
  • セラミック頬側成人矯正料(装置代)
    …400,000円
計…450,000円

はちやデンタルクリニック公式HPはこちら

CS矯正歯科クリニック

渋谷・公園通り沿いにある女性院長と女性スタッフのみの矯正歯科医院。

表側ワイヤー矯正の種類が多く、プラスチックやセラミック、キュービックジルコニアなど10種類以上のブラケットの中から、ライフスタイルや好みに合わせて選択できます。デーモンシステムやクリアスナップなど、セルフライゲーションブラケットもあります。

内訳 合計費用
  • 精密検査代…15,000円
  • 基本料金…510,000円~
    ※メタルブラケットの場合
計…525,000円

CS矯正歯科クリニック公式HPはこちら

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。