渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 矯正の種類とメリット・デメリット

矯正の種類とメリット・デメリット

矯正治療と一口で言っても、装置には様々な種類があります。

どの装置が自分の症状に合っているのか、ライフスタイルに適しているのかを判断するために、現在よく使用されている矯正装置をピックアップし、特徴やメリット&デメリットを比較してみましょう。

素材やカラーが豊富な表側矯正

歯の表面にブラケットとワイヤーを装着する、最も一般的な矯正方法です。

ブラケットは従来からあるメタルのもの以外にも、最近は目立ちにくい白や透明のプラスチック、セラミック、チタン、キュービックジルコニアなど、様々な種類があります。

あらゆる症状に適応し、治療期間が短くても確実に治療効果が出る矯正方法です。ブラケットとワイヤーの摩擦抵抗を抑えて治療効果を上げた、セルフライゲーションシステムと言われる最新の矯正方法も登場しています。

ブラケットが表から見えない裏側矯正

歯の裏側(舌側)にブラケットとワイヤーを装着する矯正方法です。

装置が表からはほとんど見えないので、接客業や営業職の方などにおすすめ。下あごは表側、上あごは裏側といったように組み合わせて行う方も増えています。

装着していることが分からない!マウスピース矯正

ごく薄い透明な素材でできたマウスピースをピッタリと装着する、従来の矯正とは全く異なる画期的な矯正方法。

装着していることが周りから気付かれにくく、装着している違和感も少ない方法です。歯の動きに合わせて、2〜3週間ごとにマウスピースを作り変えて治療を進めていきます。

矯正の種類別・特徴やメリットを徹底比較

  表側矯正 裏側矯正 マウスピース矯正
目立ちにくさ

透明や白いブラケットもあるが、ある程度目立つ。

ほとんど見えないが、ブラケットは金属製。

装着していることがほぼ分からない。
装着感

頬側に違和感があり、口内炎ができやすくなることも。

×

舌に当たるので違和感が強い。発音しにくいことも。

締め付け感はあるが、違和感は少ない。
生活のしやすさ

歯みがきが難しい、食事がしにくい、食べ物が挟まる…など。

歯みがきや食事が難しいのは表側と同じ。表側よりも虫歯のリスクは少ない。

食事や歯みがきの時は外すことができる。
治療期間

治療効果が最も早く表れやすい。

治療効果は比較的表れやすい。

装着は自己管理。長時間つけられないと、効果が表れないことも。
治療費用

メタルブラケットならリーズナブル。

上下とも裏側にすると、かなり高額になる。

上下両方だと、裏側に次いで高額になる。
こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。