渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 歯並びを矯正した人の体験談 » 昔からのコンプレックスを解消したい

昔からのコンプレックスを解消したい

人の見た目の印象を左右する歯並びの悪さは、コンプレックスや悩みの原因となって心に影を落とすだけではなく、体の不調へつながることもあります。長年歯並びで悩み続けた方の、コンプレックス解消ストーリーを紹介しましょう。

歯並びや噛み合わせの悪さが体の不調の原因となる!?

不正咬合によって上あごや鼻骨などに刺激が加わると、眼球を圧迫して仮性近視を引き起こすことがあるそうです。さらに、あごの筋肉や首の筋肉を緊張させ、頭痛や高血圧の原因となることも。不眠症や便秘、イライラなどを起こすこともあり、たかが歯並びと侮れません。

歯並びや噛み合わせの悪さが招く体の不調は以下のようなものが挙げられます。

体験談1「歯並びのせいで心から笑顔になれない…婚活を機に矯正を決意」(Kさん・20代)

八重歯が目立つデコボコの歯並びで、昔から歯を見せて笑うことができませんでした。

どう思われるのか気になって仕方なく、とくに初対面の人の前では口を大きく開けることができません。頬がこわばって無表情になってしまうことも…。

第一印象が「怖い人だと思った」と言われることがほとんどで、どうにかしなきゃと思っていました。

アラサーと呼ばれる歳に近づいて、そろそろ本気で婚活をと考えた時、歯のコンプレックスをなくそう、と決意しました。思い切って上あごは裏側矯正、下あごは表側矯正の組み合わせで治療をスタートし、1年たった今は八重歯が目立たなくなってきています。

痛みや不便なことに耐えて治療するのは、心から笑顔を作れるようになるため、そう前向きに思って治療を続けています。

体験談2「高校生の頃から写真が苦手…海外生活で歯並びの重要性を認識」(Nさん・40代)

昔から歯並びにコンプレックスを感じていました。友達と並んで写真を撮っても、自分だけ口を閉じて表情に乏しい…。「Nちゃんはいつもすまし顔だよね」なんて言われてましたが、単に歯を見せて笑いたくないだけだったんです。

高校生の時、矯正治療を受けようかと本気で考えて歯医者さんに相談したんですが、歯並びが悪すぎて治療に3年はかかると言われて気持ちが萎え、受験もあったのでそのままにしていました。

就職と結婚、出産を経て40代になった今、夫の都合で海外生活をすることになり、自分の歯並びの悪さを再び痛感することに。ご近所さんもママ友も、みんな歯並びがキレイなんです。しまいには、「日本人ってなんで矯正しないの?」なんて言われ…。思い切って矯正治療を受けることにしました。

噛み合わせが徐々に改善してきて感じたのは、肩こりや頭痛が和らいだな、ということ。慢性的な偏頭痛持ちだったのですが、なんだかラクになってきたような。

ママ友たちの前で思い切り笑顔になる日を目標に、このまま治療を続けたいと思います。

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。