渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 矯正治療が必要な症状【歯並び辞典】 » すきっ歯/空隙歯列

すきっ歯/空隙歯列

すきっ歯/空隙歯列とは

歯と歯の間にすき間があいている、いわゆるすきっ歯のことを専門用語で「空隙歯列(くうげきしれつ)」や「歯間離間歯(しかんりかいし)」といいます。

すきっ歯は前歯2本だけすき間が目立つケースか、全体的に隣り合った歯にすき間があるケースに分けられ、前者は歯科用語で「正中離開(せいちゅうりかい)」と言ったりもします。

小さなお子さんのすきっ歯は、基本的には永久歯が生えていくなかできちんと並んでいくので問題ありません。むしろ、まだ永久歯が生えそろっていないにも関わらず歯と歯のあいだにすき間がない場合は、歯が並びきるスペースがなくて、将来的に歯並びがガタガタになってしまう可能性があります。

すきっ歯を疑うのは、犬歯が生えてきたにも関わらずすき間がある場合。また、矯正専門のクリニックであれば永久歯が生えそろってない段階でも診断が行えるので、まずは相談してみるのもおすすめです。

すきっ歯/空隙歯列がもたらす影響とは

すきっ歯の影響は主に「見た目」「食事や歯磨きのしづらさ」「発音」の3つに分けられます。

歯のすき間が目立つと、あまり口元を見られたくないという思いから喋るのが億劫になってしまったり、口を開けるのがイヤになったりすることもあります。

食事の際は、歯と歯のあいだに食べ物が引っかかったりするほか、食べ物を噛み切る力が他の人と比べると低いため、食べ物をきちんと咀嚼しきれず、消化器官に負担をかけたりしてしまいます。歯と歯のあいだは比較的歯磨きしづらいため、虫歯や歯周病といったリスクも気になるところ。

また、喋る際も歯と歯のあいだから空気が抜けてしまうためサ行などの特定の音が発育しづらくなってしまいます。

すきっ歯には見た目や発音以外にも機能面の影響があります。機能面の影響としては、「虫歯になりやすい」「ものをかみ砕きにくくなる」「噛み合わせが悪くなる」の3つが挙げられます。

歯の間隔が通常よりも空いているすきっ歯の状態だと、それだけ歯と歯の間に食べもののカスなどがたまりやすくなります。隙間があまりに大きい場合は食べカスなどは素通りしますが、小さな隙間が空いている場合はそうしたカスがたまってしまいます。さらに、普通の歯ブラシの毛先が届きにくいのでカスが取り除かれず、虫歯になるリスクが高まるのです。このような状態が長期間続くと歯の根元で歯周病菌が増加し、歯周病を誘発する可能性もあるでしょう。

すきっ歯だと、どうしてもかみ合わせが悪くなってしまいます。そうした状態だと食べ物をしっかりかみ砕くことができなくなってしまうことも。十分に噛めないと、大きな塊のまま食べ物を飲み込むことに。するとダメージを受けるのは胃腸です。

咀嚼(そしゃく)が不十分な食べ物を消化すると胃腸に負担がかかり、こうした状況が続けば腹痛や下痢といった体調不良を引き起こすリスクが高まります。さらに、体調不良が続けば栄養が体に正しく吸収されなくなり、免疫力の低下や肌の状態の悪化などが起こる可能性もあるのです。

すきっ歯の状態が長期間にわたって改善されないと、上下のあごのかみ合わせが悪化。そうなるとあごや首などの口周辺の筋肉に不自然に力がかかる状態が続き、頭痛や肩こりの原因となります。

すきっ歯/空隙歯列の原因

原因として考えられるのは「顎が大きくてスペースが余っている」「歯が小さくてスペースが余っている」など、顎や歯の大きさのバランスが悪い場合です。

そのほか、指しゃぶりや舌で前歯を押してしまうといったクセも、すきっ歯の原因になりかねません。ちょっとしたクセも長年続けると顎の骨を押し広げてしまい、すき間をつくってしまう可能性があるからです。

ほかにすきっ歯の原因としては、「生えてくる予定の歯が生えてきていない」「歯とあごの大きさが合っていない」「頻繁に頬杖を突いたり決まった体制で寝たりする癖がある」などが挙げられます。

通常、成人の永久歯の数は、上下合わせて28本。しかし、場合によっては遺伝やあごの骨のゆがみなどの要因で、生えてくるはずの歯が生えておらず、スペースが空いていることがあります。この場合、生えてきていない歯はあごの中に埋没したままとなっていることが多いのです。

また、しばしば歯とあごの大きさが合っていないケースがあります。歯に対してあごが大きすぎたり、逆にあごに対して歯が小さすぎたりすると歯と歯の間に隙間ができてしまうのです。こうした場合、隙間ができる部分は個人差があり、全体的に隙間ができたり前歯のみに隙間ができたりする場合があります。

普段の姿勢がすきっ歯の原因になることもあります。特に、頻繁に頬杖を突く癖がある人は要注意。奥歯のかみ合わせがおかしくなるばかりか、姿勢も悪化するリスクが高まるからです。

また、毎晩決まった姿勢で寝ることも避けた方が良いでしょう。仰向けなら大丈夫なのですが、それ以外の姿勢だと不自然な方向から力がかかり続け、あごや歯、ひいては全身の姿勢がおかしくなってしまう可能性も。

いつも同じ体制で寝てしまう癖がついている場合は、枕やクッションなどを用いて負担を軽減する方法が有効でしょう。

そのほか、生まれつき歯の本数が少ないケースや歯が歯茎に埋まったまま生えてきていない可能性もあります。歯の本数を数えてみて、永久歯が片側に14本なければ一度クリニックでレントゲン撮影してみると良いでしょう。

すきっ歯/空隙歯列の矯正方法

すきっ歯の治療法は、主にワイヤーブラケットやマウスピースを用いた歯列矯正です。ワイヤーブラケットなどを用いて歯と歯のあいだを縮めて、気になるすき間を埋めていきます。

また矯正治療のほかにも、セラミックなどを使って歯の隙間を埋める方法も。ただ健康な歯を削らなくてはいけないので、あまりおすすめできません。

また同時に、舌で前歯を押し出したりといった悪癖がある場合は舌の体操やトレーニングなどを行って、根本的な原因も解決していきます。

すきっ歯/空隙歯列を矯正した人の体験談

「思いっきり笑えるようになりました」

すきっ歯が年々ひどくなっているのが気になっていました。「もう40代後半というのに、いまさら矯正する必要があるのか?」と周りから言われましたが、どうしてもコンプレックスに感じてしまって、思い切って矯正することを決意しました。

治療中は小さなトラブルもありましたが(歯磨きがしづらかったり、装置に当たったせいか口内炎ができてしまったり…)、やって良かったと心から感じています。

何といっても抵抗なく思いっきり笑えるようになったのが嬉しいです。そんな私を見て周りの方も「やっぱり矯正して良かったね」と言ってくれるようになりました。

「昔からの悩みが解消されました」

前歯部に八の字みたいなすき間があるのがずっとコンプレックスで、社会人になってから矯正をスタートしました。

矯正は歯の裏側に付けるタイプだったで、見た目自体はそれほど苦になりませんでした。ただ、開始から2~3日は違和感がひどかったです。でも、慣れってすごいですね。最初は今後の生活にすら不安を感じていたのに、3日経てば気にならなくなりました。

現在は矯正が終わって、リテーナーという装置で歯並びを保定している段階です。コンプレックスだった前歯部のすき間も、すっかりなくなりました。コンプレックスから解放されて、ちょっとだけ自信にも繋がりました!すきっ歯で悩んでいる人がいたら、背中を押してあげたいです!

「人生が変わったほどの満足感」

矯正治療をスタートしてから、前歯のすき間が徐々に閉じていくのが目に見えて分かり、本当に感動しました。

しっかりとすき間がなくなったときはとても嬉しかったです。以前はすきっ歯がコンプレックスで歯を見せないようにして笑うのが癖になっていましたが、今ではまったく気にせず笑えるようになりました。

気分も明るくなりましたね。矯正を終えて初めて、今までどれほど歯並びをコンプレックスに感じながら過ごしていたのかがよく分かりました。

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。