渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 矯正治療が必要な症状【歯並び辞典】 » 過剰歯

過剰歯

過剰歯とは

人間の永久歯は28本、親知らずが最高で左右に4本、合計で親知らずを含めた32本までが通常の歯の本数です。

過剰歯とは、永久歯が通常の28~32本よりも多い状態のことを言います。

自分で気が付くことは少なく、歯の検診やレントゲン撮影をして医師に告げられて初めて知ることがほとんどです。

過剰歯には「順正(じゅんせい)」と「逆性(ぎゃくせい)」の2種類があり、順正は他の歯と同じ向きで生えているもので、逆性は顎の骨に埋まって生えているものを言います。

順正は成長過程で周りの永久歯と馴染んだり、抜歯すれば解決することもありますが、逆性の場合は成長と共に周りの永久歯や体に悪影響を与えることがあるため、歯科医から矯正を勧められることもあります。

過剰歯がもたらす影響とは

見た目の影響

過剰歯は前歯に生えるため、他の正常な歯を押してしまうことで歯並びが悪くなるのが特徴です。

過剰歯が埋まっていると乳歯が抜けて永久歯が生えるまで半年以上かかることもあり、その場所が口を開けると一番目立つ上の前歯なので、見た目の印象も悪くなってしまいます。

八重歯も過剰歯によってできたものです。

これらのことからも、過剰歯がある人は口を開けて笑うことに抵抗を感じる人も多いようです。

過剰歯が抜けた場合、そのまま放っておいて日にちがたつと妙な部分から勝手に歯が生え始めて歯並びがガタガタになるなどのリスクも想定できます。

歯の健康への影響

歯並びの悪さ、永久歯が生えるのが遅れるといった問題が現れるほか、健康な永久歯にも悪影響を与えてしまいます

過剰歯が歯茎や骨の中にあるまま成長してしまうと、周りの正常な歯根を溶かしてしまったり、永久歯が歯周病や虫歯になった場合には過剰歯も細菌に感染したり、歯茎が腫れて激しい痛みを伴うなどのリスクも想定できます。

過剰歯が生え始めた部分は細菌感染をおこしやすくなっているため、放っておくと隙っ歯になるなど、永久歯の発育を妨げて他の健康な歯への影響も考えられるので、早めに治療をすることをおすすめします。

過剰歯の原因

過剰歯が発生する確率は2~3%と決して高い確率ではなく、発生する部分のほとんどが上あごの前歯です。

なぜ過剰歯になってしまうかなどの詳しい原因は今現在では明らかにされていません。

想定されている原因はいくつかあり、成長の過程で歯に何らかの刺激が加えられた事により歯の原基となる歯胚が過剰に作られたか分裂したという説と、遺伝によるもので両親のどちらかが過剰歯で受け継いでしまったという説、人間が大昔に失ったはずの歯が進化の過程で突如現れたという、ちょっとロマンのある説も見られます。

前歯が綺麗に並んでいない、乳歯が抜けてからなかなか永久歯が生えないと感じたら、歯科医院へ行ってレントゲンを撮ってもらうことをおすすめします。

過剰歯を治療するなら永久歯の形成などを考慮し、年齢は乳歯から永久歯に生え変わる6~7歳くらいが理想的で、まずは抜歯をしてから歯並びを矯正するのが一般的です。

過剰歯の矯正方法

過剰歯があると噛み合わせが悪くなり、成長過程で周りの正常な永久歯に悪影響を与える恐れがあるため、歯科医に行くとまずは抜歯をすすめられる可能性が高いでしょう。

過剰歯を抜歯すると前歯が離れてしまうこともあるため、その場合は矯正治療が必要になりますが、低年齢で抜歯や歯科矯正をするのは歯胚を傷つける恐れもあるので、治療の時期は歯科医と相談して決めることをおすすめします。

一般的な治療方法としては、他の永久歯に支障がない場合は経過観察になりますが、他の歯に悪影響を与えている場合は過剰歯を抜歯

抜歯後は、歯を抜いてできた隙間に骨ができて歯並びが解消するか観察します。

骨ができた場合は矯正はせずにそのまま観察になりますが、解消されない場合は矯正治療によって歯並びを整えます。

過剰歯が逆性の場合、口腔外科で歯茎を切るなどの処置が必要になる場合も。

大人になってから過剰歯の治療をする場合は治療も困難になり、口腔外科での抜歯後に歯列矯正が必要になる可能性が高くなります。

このことからも、過剰歯の場合は子供のうちに治療をしておく方が抜歯だけで済むことも多いため、過剰歯と分かった時点で治療することをおすすめします。

過剰歯を矯正することのメリット

過剰歯は歯並びが悪いため、歯磨きが思うようにできず虫歯になりやすいというリスクがあります。

矯正して歯並びが良くなれば、歯垢を落としやすくなり、虫歯が再発しなくなったという症例もあります。

過剰歯は周りの永久歯の歯根に悪影響を与えるとして懸念されていましたが、矯正治療をして整えることでそのようなリスクを抑えられるでしょう。

過剰歯は乳歯が抜けたあとの生え変わり時期が遅いという特徴がありますが、矯正で歯を引きだせば違和感がなく綺麗に並んだ前歯ができます

他のメリットは、歯並びがよくなって見た目の印象も良くなることや、虫歯や歯周病などの口腔トラブルが減ること、噛み合わせが良くなることで腰痛や肩こりなどの改善なども期待できるでしょう。

以上のように、何かと問題の多い過剰歯ですが、矯正治療することで改善することも多いということがわかります。

しかし、歯の矯正はそれなりにお金も時間もかかり、矯正装置を付けることに抵抗を感じる方が多いのも現状です。

歯科医とは長期間お世話になることを考えて、信頼できる歯科医院を選びましょう。

過剰歯の矯正にかかる費用・治療期間

過剰歯の治療は、状態や症例によって治療費は異なるので一概には答えられませんが、早い時期に治療するほど治療も簡単で費用も抑えられます。

矯正の場合の治療期間は、経過観察で3ヶ月~6ヶ月、矯正装置を付けて6ヶ月~2年ほどです

治療の流れは症例によっても異なってきますが、まずはCTで過剰歯の方向や正確な位置の検査から始まります。

CT画像をもとに、歯科医が過剰歯の治療方針を立てます。

症例によって、抜歯、手術、矯正などの治療法で治療が始まります。

過剰歯を矯正した人の体験談

矯正したら性格も明るくなったような気がします

私は過剰歯が原因で歯並びが悪かったため歯の矯正をすることを決断しました。

治療期間中、少しずつ歯の並びが綺麗になっているのが自分でもわかり、毎月の歯科医院の診察がちょっと楽しみでした。

矯正装置が外れるまでもっと時間がかかると思っていたのですが、思っていたよりも早く外すことができて嬉しかったです。

過剰歯がある時はずっと歯にコンプレックスを持っていて、笑うときも人に歯を見られるのが嫌で、写真を撮る時も口を開けずに撮ることが多かったですが、矯正してからは思いきり口を大きく開けて笑えるようになり、周りからも性格が明るくなったと言われるようになりました

私の過剰歯の治療をしてくださった先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

歯並びは矯正すれば綺麗になると信じて

私の息子には生まれつき永久歯と乳歯の間に過剰歯があり、息子が小2になったときに歯科医のすすめで過剰歯を抜きました。

しばらくすると、過剰歯を抜いた部分から永久歯が変な生え方をして歯並びが悪くなり困っていましたが、ママ友に矯正歯科を紹介してもらい、一刻も早く対処した方が良いと思い息子の歯を診てもらいました。

心配していた歯並びも矯正すれば綺麗になると言われ、ホッと胸を撫でおろしたくらいです。

しかし歯を矯正するのは息子です。

長い期間装置を付けなければならないことなどを息子に話した結果、本人もやりたいと言うので歯の矯正をすることを決めました。

治療をしてくださった先生やスタッフの方たちには本当にお世話になりました。

時間はかかりましたが今の自分の歯に満足しています

私には過剰歯があって、歯並びが悪い、虫歯が多い、おまけに顎が狭いのが悩みで、何とかしたいといつも思っていました。

本気で歯の矯正を考えるようになったのは成人してからですが、矯正と言えば治療費が高額で治療期間が長いイメージがあり、矯正をする歯科医院の場所は通院しやすい所と決めていました。

結果、通院しやすく、治療に必要な期間や治療内容など、自分が不安に思っていることを丁寧に説明してくれる先生やスタッフが居る歯科医院に任せることにしました

仕事をしながらの治療だったので、それなりに時間もかかってしまいましたが、親切な先生やスタッフの方々のおかげで今は自分の歯に大変満足しています。

ありがとうございました。

治療後の痛みに苦しみこともありませんでした

私には過剰歯があり、食事をする時は常に歯を気にしながら食べていました。

過剰歯を抜こうと決心したものの、大学病院でなければできないという情報を得て、部活もあるので時間が作れず悩んでいました。

そんな時、知り合いに過剰歯に対応してくれる評判のいい歯科医院を紹介してもらい、診てもらうことにしました。

急な診察だったのですが、丁寧に過剰歯についての説明と対応をしてくださいました。

治療後の痛みも心配していたのですが、思っていたほどの痛みもなく、部活にも支障がでることもなく本当に助かりました

しばらくは治療で定期的に通うことになるかと思いますが、頑張って通おうと思っています。

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。