渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 矯正治療が必要な症状【歯並び辞典】 » 八重歯/叢生(そうせい)

八重歯/叢生(そうせい)

八重歯とは

八重歯は、何らかの理由により永久歯の生えてくるスペースが狭くなった結果、その歯だけが歯列からずれてしまい、隣り合った歯と重なり合ったように見える状態のことを指します。

歯科医療において、八重歯の定義は、「生えている位置に異常がある歯」とされています。つまり、定義上は犬歯以外の歯であっても、生えている位置に異常がある場合には八重歯ということになるのです。しかし、八重歯になる歯は、多くの場合前から3番目の犬歯というとがった歯であるため、犬歯が前に出ている状態が一般的には八重歯といわれています。

八重歯がもたらす影響とは

では、八重歯があることにより、どのような影響が考えられるのでしょうか。見た目や歯の健康への影響についてみていきましょう。

見た目の影響

ひと昔前まで、チャームポイントが八重歯という有名人もみられましたが、八重歯を可愛らしいと感じるのは日本人だけの感覚のようです。

日本以外の国では、八重歯はどちらかというと「吸血鬼のような歯」など、ネガティブなイメージが強いのです。そのため、矯正などで治療するケースが一般的となっています。

見た目への影響が最も現れやすいのは、口元を中心とした顔のラインです。唇の位置は、前歯の位置によって決まるため、八重歯があると唇が前に出やすいといわれています。そのため、八重歯を治療して前歯がきれいに整うと、自然と前に出ていた唇が引っ込み、その分鼻が高く見えるようになり、顔立ちが美しくなる場合が多いのです。

歯の健康への影響

八重歯があることにより、歯の健康にも様々な影響が現れやすくなります。

八重歯の原因

八重歯は、永久歯が生えてくる際に、十分なスペースが確保できないことにより生じるとされています。特に犬歯は他の歯に比べて生えるのが遅いため、スペースに余裕がない場合、外に押し出されやすい位置の歯なのです。このことが、八重歯が犬歯に多く発生する原因であると考えられます。

また、虫歯やけがなどによって歯が抜けてしまった場合に、その両脇の歯が内側に倒れてしまい、結果として後に生えてくる永久歯のスペースが狭くなってしまい、八重歯になってしまうというケースもあるようです。

永久歯が正常に生えそろうために必要なスペースを確保できないのには、土台となる顎の骨の大きさも影響しているともいわれています。

顎の大きさは体格によりますが、体格に対して顎の骨が小さい人は、歯が生えるためのスペースが狭く、八重歯になりやすい傾向があるようです。

八重歯の矯正方法

八重歯の矯正にはブラケットやマウスピースを用いた方法があります。それぞれにメリットやデメリットがありますので、歯科医師と十分に相談した上で、自分に適した矯正方法を選ぶことが大切です。

八重歯の矯正治療として最も一般的な方法は、ブラケット治療です。ブラケットとは、ワイヤーを使った歯列矯正装置のこと。歯の表面にワイヤーを装着し、歯列を矯正します。中学生以上の場合は、八重歯の奥にある歯を抜歯した上で矯正治療をするケースが多いようです。

基本的なブラケット治療の場合、ブラケットは歯の表面に装着しますが、審美面が気になる場合には、歯の裏側にブラケットを装着する舌側矯正という方法もあります。この方法は、見た目を気にすることなく矯正が完了するというメリットがありますが、ブラケットが舌に当たりやすく、やや発音がしにくい、通常のブラケット治療よりも高額になるといったデメリットもあるようです。

最近では、目立ちにくいプラスチック製のものなど、金属以外のブラケット素材も増えているようです。矯正治療中の審美面だけではなく、金属アレルギーの心配がある場合には、ブラケット素材の検討をしてみるのも1つの方法といえます。

マウスピースによる八重歯の治療は、透明なマウスピースを装着して行う矯正です。最大のメリットは、ブラケットのように矯正完了まで固定し続ける必要がないため、食事やブラッシングの際にははずすことができる点。しかし、取り外しが自由という点がデメリットでもあります。

マウスピース矯正では、1日のうち決められた時間以上の装着を厳守しなかった場合、しっかりとした矯正効果が得られなくなってしまうのです。そのため、自己管理がきちんとできるということが前提となる矯正治療といえます。

八重歯を矯正することのメリット

八重歯を矯正することのメリットは、審美的な面もありますが、それ以上にブラッシングがしやすくなるという点が挙げられます。

八重歯の矯正によって虫歯や歯周病、口臭の予防へとつながるため、歯を含めた口腔内全体の清潔を保ちやすくなるのです。

口腔内が清潔になると、歯の健康も保ちやすくなります。そうすると、歯の寿命も長くなり、高齢になっても咀嚼能力を維持することができるため、体全体の健康維持につながるのです。

また、八重歯の矯正をすることで、他の歯への負担が軽減されるというメリットもあります。

一般的に八重歯になりやすい犬歯は、噛み合わせの際に顎の動きを支え、正しいポジションに誘導する役割がある歯です。そのため、他の歯に比べ、歯根が深く丈夫にできています。

しかし、その犬歯が八重歯になってしまっていると、役割を十分に果たすことができず、他の歯がカバーしなければなりません。とはいっても、どの歯も犬歯ほどの頑丈さはないため、負担は大きく、歯の寿命が縮んでしまうことがあるようです。

このようなことからも、八重歯を矯正することは、口腔内全体の健康にとって大きなメリットとなることがわかります。

八重歯の矯正にかかる費用・治療期間

では、実際に八重歯を矯正治療する場合には、どれくらいの費用や期間がかかるものなのでしょうか。八重歯の矯正治療として一般的なブラケット矯正とマウスピース矯正についてみてみましょう。

【ブラケット矯正】

費用は一般的に600,000~800,000円程度、治療期間は2~3年程度とされています。ブラケットの素材や歯の状態により費用や治療期間には差があるようです。

また、ブラケットを歯の裏側に装着して矯正する舌側矯正の場合は、治療期間は通常と変わりませんが、費用は1.5倍程度高額になるとされています。

【マウスピース矯正】

費用は一般的に700,000~800,000円程度、治療期間は半年~1年程度です。

八重歯を矯正した人の体験談

「噛み合わせが原因だったのかもしれません」

八重歯と前歯が出ていて、昔から気になっていた歯並びの悪さ。でも、わざわざ矯正するほどではないと思っていました。しかしある時、頭痛や不定愁訴に歯並びや噛み合わせが関係していることを知り、長年悩まされている頭痛ももしかすると歯並びのせいなのでは…と。不安もありましたが、思い切って矯正治療を始めてみました。

矯正治療には約2年半かかりましたが、自分でもわかる位、歯並びがどんどんきれいになっていったため、いつも歯を見るのが楽しみでした。

矯正治療で歯並びが整い、噛み合わせが正常になったおかげで、頭痛に悩まされることもほとんどなくなり、矯正治療をして本当によかったと思っています。

「仕事に支障を出すことなく治療できました」

昔から歯並びの悪さがコンプレックスでした。コンプレックスを解消したいと思い、矯正治療を決断しました。

歯並びの矯正治療といっても、様々な方法があり、歯科医師と十分に相談した上で治療法を決定。私の場合は、ブラケット矯正を選択したのですが、仕事に支障を出したくないという希望があったため、歯の裏側にブラケットを装着する矯正方法で治療をしていただきました。

希望通り、仕事に差し支えることなく、矯正治療が完了。この方法で矯正治療を受けてよかったと思っています。

「子供の八重歯が気になっていました」

子供の八重歯が気になっており、早い段階で処置をしたほうがよいのではと、歯科医院に相談しました。

矯正方法も色々あるようですが、子供の場合は、ブラケット矯正ではなく、八重歯の下になっている歯を抜歯するという方法で矯正。

抜歯後は徐々に八重歯が正常な位置に落ち着いてきているのがよく分かります。

ずっと気になっていた子供の八重歯でしたが、矯正治療に踏み切ってよかったと思っています。

「きれいな歯並びで自分に自信がもてるようになりました」

周りに歯並びのきれいな人が多く、八重歯がある自分の歯並びが気になっており矯正治療をすることに。

矯正装置を装着してしばらくは、食事が装置に挟まってしまったり、ブラッシングしにくかったりといったことがありましたが、徐々に慣れて自分なりにケアできるようになり, 矯正の完了まで問題なく過ごすことができました。

矯正治療をしてよかったことは、歯並びがきれいになったことはもちろんですが、それによって自分に自信がもてるようになったことです。

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。