渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 矯正治療が必要な症状【歯並び辞典】 » 叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)とは

叢生(そうせい)は乱ぐい歯とも言い、歯がまっすぐに並んでおらず、前後にズレたり重なっていたりねじれてたりと、歯並びがガタガタしている状態のことです。犬歯が前に飛び出しているいわゆる八重歯も、この叢生の一種。歯が並びきるスペースがないため、歯並びがデコボコになってしまいます。

不正咬合の症状のなかで、最も日本人に多いのがこの叢生(そうせい)だと言われています。

叢生(そうせい)がもたらす影響とは

最も大きい影響は審美的なものでしょう。ガタガタの歯並びがコンプレックスで、人前に出るのが嫌になったり笑顔を見せるのが苦手になったりする人も少なくありません。

また乱ぐい歯は、歯が重なり合っているため歯磨きがしづらく、歯の汚れがうまく取れないために虫歯や歯周病になってしまう可能性が高くなります。

また歯列が乱れているため食事がしにくく、ものを上手く噛めなかったり、咀嚼しきれず飲み込んでしまって胃腸に負担をかけてしまったり…といった影響も。審美的な影響はもちろんですが、機能面への影響も大きいようです。

歯科治療への影響

それ以外の叢生の影響としては、歯科治療がしにくくなることが挙げられます。

歯の状態は一人ひとり異なりますが、歯並びが極端に悪い状態だと矯正のためのブリッジやインプラントなどを入れることが難しく、矯正自体が困難となってしまうのです。

また、矯正が難しい状態だとそれだけ矯正完了までの時間が掛かってしまうことも問題。治療が長引く分、多くの費用がかかってしまうのです。

虫歯のリスク

叢生の影響は虫歯のリスクや治療へも及ぼされます。

叢生だと、歯の汚れが取れにくいため虫歯になりやすいのは前述の通りですが、さらに虫歯の治療が困難になるという問題もあるのです。

歯が重なり合って不規則に生えている状態だと、歯にドリルなどの器具を当てるのが難しく、スムーズな治療が難しくなるのです。

叢生を放置しているとさまざまな部分に悪影響が現れやすくなります。軽度であれば問題なく過ごすこともできますが、重度になると無視できない悩みになる場合も。

普段の生活やプラークコントロールに悪影響が及ぼされる場合は、矯正治療を視野に入れる必要があるでしょう。

発音への影響

さらに、叢生の状態だと歯と歯の間に隙間ができやすくなります。そのため重度になると、発音がしにくくなるという問題もあるのです。

この問題はコミュニケーションに大きな影響を与えます。歯並びが悪いと自分の見た目に自信が持てず、人前に出たり笑顔を見せるのが苦手になる人は少なくありません。

発音までしにくい場合、人とのコミュニケーションが消極的になってしまう可能性があります。そうした状態が長期間継続すれば、孤独感や自己肯定感の欠如によるメンタルへの影響も、無視できないものになってしまうのです。

噛み合わせへの影響

噛み合わせが悪い状況がずっと続いていると、その影響はさまざまなところに広がっていきます。叢生の状態が長く続くとその影響はあごの関節にまで及び、顎関節症の遠因ともなるのです。

叢生(そうせい)の原因

歯並びがガタガタになってしまう原因で多いのは、生まれつき顎が小さいまたは歯が大きいこと。「顎が小さくて歯が並び切るスペースがない」「歯が大きくて並ぶスペースが足りない」「顎が小さいのに歯が大きくて、バランスが合っていない」といった理由から、歯が重なったりズレたりしてしまうのです。

また、後天的な要因が原因になっている可能性も。たとえば幼少期の指しゃぶりや、舌で歯をいじってしまうといった些細なクセ。また頬杖をついたり、いつも片側の歯で食べ物を噛んだり…といったクセも良くありません。

これらのクセをずっと続けると徐々に歯が動いて、歯並びがデコボコになってしまいます。

また、叢生の増加の原因には近年の食習慣の変化が関係しているのではないかという声もあります。

食生活の欧米化によって柔らかい食べ物が増え、よく噛んで食べるという食習慣が失われたことで、幼少期からあごを十分に使わないためにあごが十分に発達していない日本人が増えてきたのではないかという考えです。

歯の交換がうまくいかない場合も叢生になることがあります。例えば、成長期に乳歯から永久歯への交換が正しく行われないと、歯に隙間ができてしまいます。

歯は隙間が空いていると、徐々に隙間の方向へ傾いたり、移動したりする場合があります。本来移動するべきではない方向に歯が移動してしまい、歯列が乱れ、叢生の原因となる場合も。

本来なら乳歯が抜けた後に永久歯が生えます。ところが乳歯が早い段階で抜けると、永久歯が生えてくる前にほかの歯がそのスペースに移動してしまうことも。そうなると、本来生えてくるはずの永久歯が生える場所がなくなってしまい、歯列がでこぼこな叢生になる可能性があるのです。

叢生(そうせい)の矯正方法

歯を動かして、きちんと並べられるスペースをつくりながら歯列を整えていく矯正が行なわれます。ブラケットを使った矯正やマウスピースを用いた矯正、子どもの場合は顎の成長を促しながら歯を並べる「床矯正」などが主な治療法。どうしてもスペースが足りない場合は抜歯をして、歯が並ぶスペースをつくってあげることが必要となるでしょう。

また普段のクセのせいで叢生になっている場合は、クセを治すための装置を使ったり舌のトレーニングを行ったりすることも。治療法は1人ひとりの症状や原因によって異なるので、詳しくはクリニックで相談してみてくださいね。

叢生(そうせい)を矯正した人の体験談

「矯正が終わったときの感動は今でも忘れられない!」

小さい頃から歯並びがガタガタで、笑うと八重歯が目立つので、手で口を隠すようにして笑うのが癖になっていました。あと歯が磨きにくくて汚れが溜まりやすいのも気になっていました。

矯正が終わって装置を外したときの感動は、今でもはっきりと覚えています。歯並びが本当にキレイになっていて、これが自分の歯だとは思えないほどでした。

思いっきり笑えるようになれましたし、歯磨きもずっと楽になりました。顎がなくてバランスが悪かった横顔も、今ではまったく気になりません。矯正するだけでこんなに変わるのかと感じるほど毎日が明るくなりました!

「治療のおかげで何事にも積極的になりました」

昔から歯並びがずっとコンプレックスで、ガタついている前歯を見るたびにユーウツな気分になっていました。当然、笑顔には自信が持てなかったです。

小学生の頃に親から矯正しよう!と言ってもらったんですが、治療が怖くて拒否してしまい、高校生になって矯正したいと思い始めても、一度嫌がった過去があるので今更親に言い出せず…。大学に入ってからアルバイトでコツコツお金を貯めて、やっと矯正しました。

治療にかかった期間は約2年間。その2年間で思ってもみなかったほど歯並びがキレイになり、また自分に自信が持てるようになりました。友だちから明るくなったと言われたり、就職活動においても面接時に臆することなくハッキリと話せたり、嬉しかったことを挙げればキリがありません。治療を受けて本当に良かったです!

「30代でも40代でも遅くない!」

矯正してから、作り笑いじゃない笑顔で写真が撮れるようになりました。普通の人にとっては当たり前かもしれませんが、ひどい歯並びだった私には考えられないことです。友だちからすごくキレイになったと驚かれて、「私も矯正はじめてみようかな」という子まで現れました。

最初は「もう30代なんだし、今更なんじゃないか…」という気持ちもありましたが、そんなことはまったくなかったです。歯並びで悩んでいる30代40代の方にも、ぜひこれからの人生を明るくするために一歩踏み出してほしいと思います。

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。