渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 矯正治療が必要な症状【歯並び辞典】 » 切端咬合

切端咬合

切端咬合とは

切端咬合(せったんこうごう)とは、口を閉じているときに上の歯と下の歯の間に、本来ならあるべきスペースが無い状態のことを言います。

上の歯と下の歯の先端が常に当たっている状態なので、歯の先が消耗したり欠けてしまうのです。

その歯同士が当たっている姿は毛抜きのように見えることから「毛抜咬合(けぬきこうごう)」や「鉗子状咬合(かんしじょうこうごう)」と呼ばれることも。

切端咬合は歯並びの悪さや噛み合わせが悪いのが特徴で、歯周病のリスクが高いのが問題です。

切端咬合は3歳以下なら顎の成長過程で自然に治ることもありますが、顎が成長している大人の切端咬合は自然に治癒はしないので、治療をする方法としては歯列矯正しかありません。

切端咬合がもたらす影響とは

見た目の影響

切端咬合が原因で与える見た目の影響のひとつに、口を開けるたびに上の歯と下の歯がぶつかってしまうため、その度に歯に摩擦が起きて、そのまま放っておくと前歯が欠けてしまうことがあります。

噛み合わせの悪さによっていつも口元が歪んでしまい、顔の表情にも影響が出てしまうことから、自分の顔にコンプレックスを持つ人も少なくありません。しかし、しゃくれ顔や出っ歯ほど重要視されていないのが現状です。

噛み合わせが悪いために歯が欠けやすく歯周病になりやすい切端咬合は、以上のように見た目にも悪影響を与えますが、歯列矯正治療をすることで改善できるでしょう。

歯の健康への影響

切端咬合の特徴のひとつとして歯並びの悪さも挙げられます。

歯並びが悪いと歯磨きが隅々きれいにできず、虫歯や歯周病にかかるリスクが高くなります。

切端咬合の構造上、どうしても下の歯に上の歯からの圧力が常にかかってしまいます。放置していると下の歯に負担が積み重なり、痛みが生じてしまうのです

歯痛が出始めると歯科医に通院しなければならなくなり、時間もお金もかかり、精神的ストレスが溜まることも。

歯の噛み合わせが悪いと、歯だけではなく肩こりや頭痛などと言った症状を引き起こす原因にもなるため、ひどくなる前に歯科医に相談することをおすすめします。

切端咬合の原因

切端咬合になってしまうにはいくつかの原因が想定されます。

最も多いのは、成長期に起こる顎の骨の発達異常によるもので、切端咬合の原因のほとんどが発達異常によるものです。

例えば、並びの悪い歯や親知らずが成長することで他の歯を押してしまい、それが原因で歯が少しずつずれてしまったことで切端咬合になってしまいます。

その他にも、歯の裏を舌で押す癖や歯の裏を舐める癖があったり、小さな子どもがよくする指しゃぶりや爪を噛むなどの癖も切端咬合の原因。

もしも子供がそのようなことをしていたら、親は注意して止めさせるようにしましょう。

口呼吸も切端咬合になってしまうことがあるので、子どものうちから正しい呼吸法を教えるのも大切です。

両親のどちらかが切端咬合の場合は、遺伝による可能性が高くなります。

切端咬合は3歳までなら自然治癒で治ることもありますが、治癒されないときは永久歯が生え始めたころに歯列矯正をするのが理想的です。

切端咬合の矯正方法

成長期中に切端咬合の自然治癒が出来なかった場合は、歯列矯正を行うことにより歯並びの悪さや噛み合わせの悪さが改善されます。

同時に切端咬合が原因で起きていた虫歯や、歯周病になりやすい体質などの改善も期待できるでしょう。

歯列矯正は歯に矯正器具やワイヤーブラケットを固定するのが主流ですが、大人になるほど歯に矯正器具を付けることに対して抵抗を持つ方も多く、矯正治療を躊躇する人も少なくありません。

どうしても矯正器具の見た目に抵抗がある方は、歯と同じ色で目立ちにくいセラミックブラケットを使って治療してもらうという方法や、透明なマウスピースを用いる「インビザライン」を使った治療法が選べます。対応しているクリニックなら、医師に相談してみてもよいでしょう。

もうひとつの方法は「セラミッククラウン法」というのもので、並びの悪い歯を削ってセラミッククラウンをかぶせる方法です。

歯の矯正をしていると気付かれにくいのが特徴。接客業をしている方のような。どうしても矯正器具を付けるのが嫌な方でも、比較的抵抗なく利用できるでしょう。

顎の形に強いコンプレックスを持っているなら顎の骨を削る外科手術も効果的です。

切端咬合を矯正することのメリット

切端咬合があると噛み合わせが悪くなり、他の歯の並びを悪くしたり体にも悪影響を与えたりする場合がありますが、歯列矯正治療によって、切端咬合が原因で起きていた症状を改善できます

歯列矯正して歯並びが綺麗になると、噛み合わせが良くなるだけではなく、今までできなかった部分の歯磨きができるようになり、虫歯や歯周病になるリスクも減らせるのです。

歯並びが整うだけで、見た目の印象もかなり変わってきます。

噛み合わせが良くなることで姿勢も改善され、頭痛や腰痛などの症状があった方は改善の期待が持てるでしょう。

食べるのが大変だった硬い食べものも食べやすくなるといった、食べる楽しさも増えます。

矯正治療は歯に矯正器具を付けて生活するだけなので難しいことはありません。

しかし、喋ったり笑ったりすると矯正装置が見えてしまうため、ストレスを感じる人もいるようです。

見た目が気になる人はその旨を歯科医に相談して、目立たない器具にしてもらうよう頼んでみてもよいでしょう。

切端咬合の矯正にかかる費用・治療期間例

部分矯正の治療期間は1年以内が一般的で、下あご前歯のみの費用は歯科医院によって違いがあります。切端咬合を行うあるクリニックでは、基本料金と装置料、検査費用を合わせ総額は35~55万円程度。上下を矯正する場合は25万円以上の上乗せ金額になります。

基本の内訳は以下を参考にしてください。

基本料約30~40万円
矯正装置料 約0~15万円
・外側のメタルの装置: 0円~
・セラミック: 5万円~
・裏側(舌側)矯正: 15万円~

前歯の部分矯正をしてもあごの形は変わりません。

あごを治療する場合は、外科手術の他に頤部(オトガイ部)の切除術によって対応します。

切端咬合を矯正した人の体験談

痛みや不安もありましたが、矯正治療をしてよかったです

歯の矯正治療を始めばかりの頃は痛みもあり、毎日不安なことばかりでした。

でも、医師やスタッフの方たちにがいつも丁寧に説明をしてくれて、先生の熱意も伝わってきて安心できました。

治療期間中に痛みがある時は、おかゆなどのやわらかいご飯や栄養のある野菜もスープを食べ、痛い部分には湿布を貼って痛みを和らげていました。

歯の矯正治療期間にあご体操もしていたんですが、噛み合わせが良くなったおかげで、あご関節が痛かったのも改善したような気がします。

何かと大変なこともありましたが、矯正治療が終わった今となっては「矯正治療をしてよかった」という思いでいっぱいです。

矯正治療は終わりましたが、顎体操はこれからも続けていくつもりです。

不安もありましたが、矯正治療をしてよかったです

子どもの歯並び治療にいくつかの選択肢がありましたが、抜かないで歯列矯正する方法を選択しました。

今回の経験は子どもにとっても良い経験になり、健康な歯を無理に抜かず綺麗な歯並びになった事は将来的にも良い結果になると信じています。

遠方からの通院ということもあり、無理を言って診療時間や通院する曜日などを調整していただき、無事に通院して治療を終えられました。

正直言って長期間の通院は大変でしたが、歯列矯正治療を終えた今となっては、子どもの綺麗な歯並びに満足し、それまでの苦労も忘れて「歯列矯正治療をして良かった」と本心から思っています。

矯正治療は終了しましたが、今後は定期検査があるので、もうしばらくお世話になると思います。

矯正治療で辛かった事さえも良い経験だったと思えます

私には犬歯は無く、麺類などの柔らかいものさえも噛むのも大変なくらい歯並びが悪い状態でした。

歯の矯正をしても綺麗な歯並びになるか不安もあり、小臼歯も抜くのではないかと不安に思っていました。

結局、歯の矯正をすることにしたのですが、親知らず以外は一本も歯を抜くことなく綺麗な歯並びになり、装置が取れた自分の歯を見て嬉しくなりました。

今では食べたいものはもちろん、以前は食べれなかった固いものもしっかりと噛むことができるようになり、治療中の辛かった事も忘れてしまうほど幸せな気持ちでいっぱいです。

今となっては、歯の矯正治療中の痛かったことも懐かしいと思えます。

MEAW矯正で健康な歯を抜かずに矯正しました

通常の歯列矯正は上下の歯を2本抜くのが一般的だと思いますが、私が歯列矯正治療をした歯科医院は、親知らず以外の健康な歯は一本も抜かずに歯の矯正治療をしてくれました。

この方法はMEAW矯正という術式のようで、親知らずを抜いて出来たスペースを矯正をして歯列を広げていく方法です。

この方法なら、歯を抜かなくても矯正すれば綺麗な歯並びになります。

MEAW矯正の治療期間は一般の矯正治療の半分の期間で終わるのも特徴で、私の経験では10か月くらから歯列が綺麗に整ってきたのが実感できました。

MEAW矯正の治療費は決して安くはなく、一般の矯正よりも割高ですが、歯を抜きたくない人や、一日でも早く矯正装置を取りたい人にはおすすめです。

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。