渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 歯列矯正に関する基礎知識 » 矯正中の注意点

矯正中の注意点

矯正中は虫歯や歯周病になりやすい

丁寧に歯磨きして虫歯や歯周病を予防する

矯正期間中は、矯正装置に食べかすが挟まりやすいため注意が必要です。食べかすを放置してしまうと、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。

とくに自分の目では確認しにくい奥歯は要注意。また、裏側矯正の場合は装置に汚れがついていても歯の裏側なので気づきにくく、磨き残してしまう可能性があります。

自身の歯の健康を守るためには、ブラッシングの大切さをきちんと理解しなくてはなりません。きちんとケアをしておけば、虫歯や歯周病は予防することができます。

とは言っても慣れない矯正装置。磨き残しがないように歯磨きできるか不安…という方もいるのではないでしょうか。そんな方は、クリニックでブラッシング指導を受けるのがおすすめです。歯並びの状態や磨き方のコツ、自分自身の磨き方のクセなどを把握することで、きちんとセルフケアできるようになります。

日頃の心がけ次第で虫歯や歯周病は予防できます。毎日の積み重ねが肝心ですよ。

マウスピースは1日1回洗浄する

マウスピース矯正をしている場合は1日1回、マウスピースを洗浄するようにしましょう。放置してしまうと菌が繁殖してしまい、虫歯や口臭の原因になり得ます。

歯ブラシを使ってマウスピースを直接ブラッシングすると、目には見えないものの細かな傷がついてしまい、破損につながる可能性があります。洗浄には専用の洗浄剤を使うか、もしくは市販されている入れ歯用の洗浄剤を使ってもかまいません。

定期検診で虫歯・歯周病のチェックを

日頃のセルフケアにくわえて、定期検診の際に虫歯になりそうな歯や磨き残しがないかを確認してもらうと良いでしょう。口腔内をすみずみまで見てもらえば安心できるはず。ブラッシング指導は回数制限はありませんので、磨き残しの指摘が続いた場合は、改めてブラッシング指導を受けるのが◎です。

定期検診にちゃんと通う

矯正期間中は、1か月~2か月おきに定期検診に通う必要があります。

大切なのは定期検診をサボらないこと。日々刻々と変化する口内環境に合わせて矯正装置を調整したり、順調に歯が動いているかを観察するために、定期検診はとても大切です。

歯医者と聞くと、ついつい足が重くなる人も多いかもしれませんが、仮に長い間検診に行かなかった場合には、望んでいた方向とは違う方向に歯が動いてしまったり、治療期間が長引いてしまったり、また矯正装置が壊れてしまう可能性もあります。

矯正をきちんと完了させて歯並びを良くしたいのであれば、通院回数やタイミングは医師の判断に従い、適切なタイミングで通院しましょう。

また定期検診が苦にならないように、通いやすい立地のクリニックを選択したり、診療日と自身のスケジュールが合いやすそうなクリニックを選んだりするのがオススメ。こういったポイントにも注目してクリニックを選ぶことで、通院の負担はグッと軽減されますよ。

食事における注意点

粘りの強いもの・硬いものは控える

矯正治療中はガムやグミなど矯正装置にくっついてしまいそうな粘りの強い食べ物は避けなくてはなりません。矯正装置に付着してしまうと、ただ取りづらいだけではなく、汚れや虫歯の原因になったり、装置のすき間に入り込んだりして装置が壊れてしまう可能性も。

また、せんべいのような硬い食べ物も控えなくてはなりません。硬い物を噛む衝撃で、矯正装置が外れたり破損したりする可能性があるためです。また矯正開始直後は、通常の食事でも噛んだ際に痛みが出ることがあります。慣れるまでは柔らかい食べ物を食べるようにしましょう

着色性の強いものを避ける

使用する矯正装置や素材によってはカレーやコーヒー、紅茶など着色性の強いものも避けなくてはなりません。なかでも透明の樹脂でできたブラケットや、ワイヤーをブラケットに固定するためのゴムはとくに着色しやすいため注意が必要です。もし着色性の強いものを食べたり飲んだりする際は、飲食後のうがいを徹底しましょう。

マウスピース矯正は決められた装着時間を守る

自由に装置を取り外しができるのが魅力のマウスピース矯正。ただし、決められた装着時間を守ることが重要です。時間を守らなかった場合、治療期間が長引いたり歯が後戻りしたりします。歯が後戻りすると、改めて装着を調整する必要や装着の作り直しが必要になる可能性も。

マウスピース矯正はマウスピースの種類によって、必要な装着時間が異なります。きちんと決められた時間を守ることが矯正卒業への近道です。

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。