渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 歯列矯正に関する基礎知識 » 頭痛や肩こりの悩みも矯正歯科の治療で治る?

頭痛や肩こりの悩みも矯正歯科の治療で治る?

歯並びが原因で起こる頭痛・肩こりもある

肩こりや頭痛には肉体的なもの、精神的なものとさまざまな原因がありますが、中には歯並びが原因で頭痛や肩こりが起こるケースもあります。一見頭痛や肩こりとは関係がなさそうな歯並びですが、両者はどのように関係しているのでしょうか。ここでは、歯並びと頭痛・肩こりの関係や仕組みについて解説していきます。

かみ合わせと頭痛・肩こりの関係

かみ合わせが悪いと筋肉に負担がかかる

かみ合わせが悪い状態が続くと、歯やあごだけでなく、その周辺にも悪影響が出ます。肩の筋肉もそのひとつです。一見両者には関連がないように思えますが、あごと肩は近い位置にあり、筋肉がつながっています。そのため、あごに何らかのトラブルが起きれば、肩もその影響を受けるのです。

かみ合わせが悪いと、咀嚼するときや口を開閉するときに常にあごに負担がかかります。そうなると、次第にあごの筋肉が硬直して血行が悪化し、筋肉が次第に硬直していくのです。そして、この状態が長期間続くと筋肉の硬直はあごだけにとどまらず、肩にまで進行。その結果肩こりを引き起こすのです。

肩の血行不良が頭痛の原因に

肩の筋肉が硬直し、血行が悪くなると、肩へつながる首や頭への血行も悪くなります。その結果、首の痛みや頭痛のリスクが高まることに。つまり、かみ合わせの悪さから、肩のこり、首の痛み、頭痛と連鎖して症状が現れることが考えられるのです。

悪いかみ合わせによって起こる咬合関連症(こうごうかんれんしょう)とは

悪いかみ合わせによる負担が大きくなると、悪影響が及ぶ範囲も大きくなります。筋肉だけでなく神経や骨格にまで負担がかかるようになると、頭痛や肩こり以外にも顎関節症、めまい、姿勢の悪化などを招くのです。このような、悪いかみ合わせによっておこる症状を、まとめて「咬合関連症」と言います。こうした症状は、矯正治療によって正しいかみ合わせになれば解消できます。

矯正中にも肩こりが発生する

歯列矯正を行っているときにも肩こりになることがあります。歯列矯正は、矯正器具によって長い期間をかけて、歯に力をかけ続けて適切な位置に歯を移動させる治療法です。慣れれば普段通りに過ごせますが、治療を始めたばかりだと、痛みを感じることも。すると痛みをこらえるため、無意識に歯を食いしばってしまいます。

常に歯を食いしばっている状態だと、あごの筋肉への負担が増加します。さらに肩への負担も増え、結果的に頭痛や肩こりが生じるのです。矯正治療が原因の肩こりは、ほかの原因による肩こりに比べて一時的に症状が強く表れる可能性があります。

頭痛や肩こりを治すために矯正治療を受けるのは間違い?

ここまで、悪い歯並びと頭痛や肩こりの関係性について説明してきました。では、歯並びを改善すれば、頭痛や肩こりが解消されるのでしょうか?

テレビやインターネットなどの各メディアで、「かみ合わせを改善することで肩こりや頭痛、その他の不定愁訴(ふていしゅうそ)が改善された」という記事やニュースを見ることがあります。しかし、かみ合わせだけを改善すれば必ず肩こりや頭痛が治るというわけではないのです。実際のところ、かみ合わせを改善することで頭痛や肩こりを解消できるかどうか、かみ合わせの改善が頭痛や肩こりの解消法として適切かどうかは、専門家の間でも意見が分かれています。

かみ合わせ以外の原因が隠れている場合も

頭痛や肩こりの原因はかみ合わせだけではありません。生活習慣、肉体的・精神的ストレス、疲労、加齢など、頭痛や肩こりを引き起こす要因は多岐にわたります。そのため、頭痛や肩こりがあったからといって矯正治療を受けても、その原因がかみ合わせになければ無意味になってしまうのです。

また、矯正治療を行うにしても、歯並びを自由に変えられるわけではありません。入れ歯や差し歯などの人工の歯であれば噛む位置や歯の高さをかなりの範囲で調整できますが、天然の歯だとそうはいかないので、かみ合わせの調整には大きな制約があります。

肩こりや頭痛に代表される不定愁訴を抱えている人は、大きな精神的ストレスに悩まされていることがあります。そこにさらに矯正治療によるストレスがかかると、かえって症状が悪化する危険性があるのです。

頭痛や肩こりを治すために矯正治療を受けることはお勧めできません。頭痛や肩こりに悩まされるようになったら、まずは整体師などに相談するようにした方がいいでしょう

自分でできる!肩こり解消法

歯列矯正を選ぶ前に、自分でも手軽にできる肩こり解消法を試してみましょう。また、今は特に問題がなくても、普段の生活の中であごや歯に負担がかかる行為をしていると、いずれ何らかの問題が出てくるかもしれません。ここでは、歯並びが原因で起こる頭痛や肩こりの対策として、自分でできる解消法を紹介していきます。

左右の歯をバランスよく使う

食べ物を咀嚼するとき、左右どちらかの歯でばかり噛んでいると片方の関節にばかり負担が集中して、頭痛や肩こりの原因になります。食事の際は左右の歯をバランスよく使って噛むようにしましょう。

日常の姿勢に気を付ける

日常生活における姿勢も、歯やあごに大きな影響をもたらします。代表的なものが寝るときの姿勢です。就寝している時間は1日の中でも大きな割合を占めています。歯に負担の大きな姿勢で寝ていると、長時間・長期間にわたって大きな負担が蓄積することにつながるのです。

特に負担が大きいのはうつぶせ寝の姿勢です。頭痛や肩こりどころか顎関節症などの重篤な疾患に発展する危険性もあるため、寝るときの姿勢を見直してみることは非常に重要です。

寝ている間に歯ぎしりをしていないか

就寝中の歯ぎしりも、歯やあごに大きな負担をかけます。寝ている間のことは自分ではわからないので、歯ぎしりに気づかないでいると知らないうちに負担が蓄積していくことになるので気を付けましょう。

人間のあごの力はとても大きく、実に数十kgから100kg以上の力が加わると言われています。そのため、就寝中に歯ぎしりがあると、それだけの力が寝ている間ずっと歯やあごにかかり続けることになるのです。また、歯ぎしりが続くと、歯の表面のエナメル層が次第にはがれていき、知覚過敏を引き起こすこともあるのです。

特に就寝中の歯ぎしりの可能性が高いのは、仕事などで日常的に力仕事をしている人。普段から歯を食いしばる癖がついているので、思い当たる場合は対策が必要です。

就寝中の歯ぎしり対策は、歯ぎしり防止専用のマウスピースが有効です。こうしたマウスピースは矯正歯科で作ってもらえます。

舌の位置

普段は意識することはほとんどありませんが、舌の位置も歯列の乱れに関係します。常に舌が歯に触れていたり、下に落ちていたりする場合は注意が必要です。放置すると、舌に押されることで歯が少しずつ移動し、歯列が乱れてかみ合わせが悪化する可能性があります。舌の位置がおかしい場合は、上あごに舌をつけることを意識するのが有効です。

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。