渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 歯列矯正に関する基礎知識 » 矯正治療の「ゴムかけ」ってなに?

矯正治療の「ゴムかけ」ってなに?

ゴムかけとは?

矯正治療では、さまざまな器具を歯に装着して歯の位置を少しずつ動かしていきます。しかし、場合によっては矯正器具のみでは十分な効果が得られないことがあります。そうしたときに行われるのが「ゴムかけ」です。

ゴムかけとは、使用している矯正器具に専用のゴムをかけて、矯正効果を補強することです。そして、ゴムの種類によっては患者自身が装着しなくてはいけないものもあります。

ゴムかけに用いるゴムは常に引き延ばされている状態なので、着けているうちに伸びてしまいます。そのため、1日1回のペースで交換しなくてはいけません。頻繁な取り外しが必要なので、患者自身が忘れずに毎日対応する必要があります。当然、取り外しや再装着を怠れば矯正効果も落ちてしまいます。ゴムかけの効果を十分に発揮するには、患者自身の根気と協力が必要不可欠なのです。

ゴムの種類

セパレーティングモジュール

歯と歯の間を空けるために用いる青いゴムで、歯科医院の先生が装着を行います。奥歯は噛む力が強いので、奥歯に矯正装置を着けていると噛んだときに外れてしまうことがあります。それを防ぐためには歯に隙間を空けて、金属のバンドを巻かなくてはいけません。その隙間を空けるために用いるのがセパレーティングモジュールです。インビザラインでの矯正中には使用しません。

パワーチェーン

セパレーティングモジュールとは逆に、歯の隙間をなくすためのゴムです。これも矯正歯科で着けてもらうもので、歯と歯を引っ張ることで移動させ、隙間を空けます。こちらもインビザラインでの矯正中には使用しません。

顎間ゴム

治療を受けている人自身の手で装着するタイプで、インビザライン矯正、ワイヤー矯正どちらの場合でも用いられます。また、子どもの矯正治療の際に使用することもあります。

ゴムのかけ方の種類

3級ゴム

主に受け口の矯正に用いられるゴムで、上の奥歯と下の犬歯にゴムをかけます。これによって、上あごの歯は前に、下あごの歯は後ろに移動します。

2級ゴム

主に出っ歯の矯正に使用されます。上の前歯と下の奥歯にゴムをかけて、上あごの歯を後ろに、下あごの歯を前に移動させます。

垂直ゴム

前歯のかみ合わせが開いているケースの矯正に用いられます。かみ合わせが開いている部分の上下の歯に、名前の通り垂直にゴムをかけます。別名で「アップ・アンド・ダウン・エラスティック」とも呼ばれる方法です。

三角ゴム

名前の通り、三角形にゴムをかけます。主に犬歯と小臼歯のかみ合わせ矯正に用いられます。ワイヤーのサイズなどによってはV字型にゴムをかける場合もあります。

台形ゴム

前歯のかみ合わせが開いていたり、かみ合わせを深くしたりするために用いられます。

クロス・エラステック

上下のかみ合わせが横にずれた状態である交差咬合の矯正に用いられます。上下の歯に交差させる形でゴムをかけます。

ゴムかけに必要な時間

ゴムかけの期間は、歯科医院やクリニック、そして歯の状態によって異なります。おおむね、数か月間と思っておくといいでしょう。矯正器具と同じく、強い力をかけ続けることができないので、弱い力を長期間にわたってかけ続けることになります。

1日における装着時間もケースによってさまざまで、日中もかけ続けなくてはいけない場合もあれば、夜のみの場合もあります。長期間かけておかなくては十分な効果が出ませんが、マウスピースタイプの矯正器具とは違いどうしても目立ってしまうので、医師から短時間でよいと指示があった場合以外に勝手に外したりすると十分な効果が得られなくなります。

一般的に、ゴムかけの効果を十分に得るためには、1日12時間はゴムを装着していなければいけないとされています。症状が重い場合は、24時間の装着を指示されることもあります。これほどの長時間の装着を必要とする理由は、歯の後戻りを防ぐためです。

ゴムかけで移動した歯は、ゴムを外すと同じくらいの時間で元の位置に戻ると言われています。例えば、12時間かけて移動した歯は、ゴムを外すと12時間後には元の位置に戻っているので、ゴムかけによる矯正効果は失われてしまうのです。そのため、就寝時のみの装着では時間的に後戻りを防ぐことができません。

また、年齢が高いほど後戻りが発生しやすいため、矯正中はゴムかけの時間が長くなるとも言われています。装着時間は、12時間がひとつのラインであると考えましょう。

ゴムかけのゴムは、患者自身が交換しなくてはいけません。交換を面倒くさがって同じゴムを使い続けると、次第にゴムが伸びてくるので矯正効果も失われていきます。ゴムかけ期間中は医師の指示をしっかり守ってゴムを装着・交換しましょう。

ゴムかけ中に痛むときの対処法

ゴムかけ中は、しっかりゴムをかけているとかなりの力で歯が引っ張られます。そのため、ゴムかけを始めてから数日間は違和感や痛みが出ることもあります。

しかし、痛むからといって自己判断でゴムを外してはいけません。勝手にゴムを外してしまうと、その分だけゴムかけの効果が得られず、治療が長引いてしまいます。

ゴムかけの痛みは、治療をしているうちに徐々に緩和されてくるため、痛みが治まるまで待ちましょう。もしも耐えられないくらい痛みがある場合や、あご関節に痛みを感じるときは、すぐに主治医へ相談してください。

ゴムかけ中のトラブル対処法

ゴムが変色してしまった

ゴムかけに使用するゴムは、同じものをずっと使っていると次第に劣化・変色していきます。変色度合いは普段の食事内容に大きな影響を受けます。カレーやケチャップ・イカ墨・コーヒー・赤ワインなど、色の強い飲食物を頻繁に口にしていると、変色しやすくなるため注意しましょう。

一度変色したゴムは元に戻りません。そのため、ゴムがなるべく変色しないようにするためには、上記のような色の強い飲食物を意識して控えるのが有効です。

しかしながら、普段の食事で色素の強い飲食物を全て避けて生活するのは少し難しいはず。そこで対策として、食事の後すぐにうがいをして口の中を洗い流したり、食事後すぐに歯磨きをしたりすることをおすすめします。

ゴムの変色は口の中に色の強い食べ物が残っている時間が長いほど起きやすいので、できるだけ早く口の中をきれいにするのが有効なのです。

また、飲み物についてはストローを用いるといいでしょう。普通に口に飲み物を含むとどうしても口の中のゴムに飲み物が触れてしまいますが、ストローを使えばゴムに飲み物が触れにくくなり、結果、変色が起こりにくくなります。

ゴムの劣化や変色は、程度の差はあるものの、劣化や変色自体は普通に生活していても必ず起きてしまいます。そのため、ゴムをチェックして劣化や変色が大きくなってきたら、速やかにゴムを交換しましょう。

ゴムが切れてしまった

何かの拍子にゴムが切れてしまった場合の対処法は、使用しているゴムの種類によって異なります。顎間ゴムの場合は、切れたら速やかに自分で交換しましょう。

セパレーティングモジュールの場合は、歯と歯の隙間が十分に空いてくると自然にゴムが取れてしまいます。そのため、次の通院日が近いならそのままで構いません。

しかし、通院日まで1週間近くの時間が空いている場合は、すぐに通院している歯科医院に連絡して指示を仰ぎましょう

パワーチェーンの場合、切れてしまうと矯正力が失われます。セパレーティングモジュールと同じく、次の通院日が近いなら、その際に掛け直してもらうとよいでしょう。通院日まで1週間以上ある場合、ゴム掛けのように自力で対応することは困難です。そのまま放置すれば後戻りのリスクが高くなるため、歯科医院に連絡し、早めに掛け直してもらいましょう

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。