費用はどのくらい?

特別な場合を除いて、矯正費用には健康保険が適用されません。全額自己負担となりますから、かかる費用がトータルでどのくらいになるのか、誰もが気になるところです。

矯正治療に関わる費用について、細かく解説していきましょう。

矯正治療に必要な費用の内訳とは

矯正治療を決定する前から、治療が終了するまでにかかるおよその費用の内訳をまとめてみました。

<初診料>

  • 2,000円〜5,000円程度 ※無料のクリニックもある

<検査料・診断料>

  • 30,000円〜50,000円程度 ※レントゲンやCTなどの画像検査、写真撮影など

<装置の装着料>※大人の場合

  • 表側矯正…60〜80万円程度(上下とも表側矯正の場合)
  • 裏側矯正…100〜120万円程度(上下とも裏側矯正の場合)
  • マウスピース矯正…80〜100万円程度(上下ともマウスピース矯正の場合)

<調整料>※大人の場合

  • 1回の通院で2000円〜1万円程度 ※処置の内容によって変わる

<保定料・保定観察料>

  • 保定料…1万円〜6万円程度 ※装置代に含まれる場合もあり
  • 保定観察料…2000円〜5000円程度 ※保定料に含まれる場合もあり

治療費も支払い方法もクリニックによってちがう

矯正治療は基本的に自由診療ですから、クリニック側が自由に料金を決定することができます。

同じ装置を使って同様の治療を行っても、医療機関によって費用が大きく違ってくるわけです。矯正治療を決定する際は、いくつかのクリニックの治療内容と費用を比較検討してから決める必要があります。

また、治療費用の支払い方法についても異なっていて、治療終了までのトータルで費用を提示され支払うタイプと、装置基本料や処置料など項目ごとに料金が設定されていてその都度支払うタイプとに分かれます。支払い方も費用の金額と同様に、治療を決定する前にしっかり確認しておきましょう。

症状によっては健康保険が適用される場合もあり

矯正治療は保険が適用されない場合が多いのですが、症状によっては健康保険適用となるケースもあります。主に以下のようなケースです。

  • 口唇裂や口蓋裂など、先天的な形成異常がある場合
  • 外科手術が必要な顎変形症などの場合

上記のような症状の場合、保険診療を行っている矯正歯科医院であれば、治療の際に保険適用が可能です。

さらに、指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)に指定されている医院で治療を行った場合、自己負担分に関しても自治体から補助を受けられるそうです。保健所または役所の福祉課などへ問い合わせてみましょう。

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。