渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 歯列矯正に関する基礎知識 » プレオルソとは?話題の子供向け矯正器具について解説

プレオルソとは?話題の子供向け矯正器具について解説

子どもの歯並び矯正にはさまざまな器具が用いられています。ここで紹介する「プレオルソ」もそのひとつです。ここでは、このプレオルソの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

プレオルソの特徴

プレオルソとは、株式会社フォレスト・ワンが販売している、子ども用の歯列矯正器具です。口腔の周囲の筋肉を訓練するためのマウスピース型矯正器具で、指で簡単に曲がるくらい柔軟なポリウレタンでできています。プレオルソを装着することで、口の筋肉及び舌を訓練することができます。プレオルソは、通常の歯列矯正での100%の治療ではなく、実用的・健康的な口腔環境の実現を目指す治療法といえます。時期的には、永久歯が生える前に使用するのがもっとも効果的だとされています。

どんな歯並びの子どもに効果があるの?

歯列矯正の対象となる子どもの歯並びは、一人ひとり異なります。では、プレオルソはどのような歯並びに効果を発揮するのでしょうか。以下に、プレオルソが効果を発揮する歯並びの一覧を列記してみました。

  • 出っ歯:横から見た際に、前歯が前に出ている状態
  • 開咬:奥歯を噛んだ際に、奥歯は合わさるが前歯がかみ合わない状態
  • 凸凹:歯が並んでいるスペースが狭く、歯が前後に折り重なっている状態
  • 深い噛み合わせ:かみ合わせたときに、上の歯が下の歯に覆いかぶさってしまう状態
  • 受け口:横から見た際に、下の歯が前に出ている状態
  • また、こうした症状は、普段の姿勢から生じる場合があります。下記のような姿勢が日常化している場合には注意しましょう。

  • うつぶせ寝:下から力が加わるため歯が移動して歯列が変形しやすい
  • 頬杖:上下から力が加わることで、噛み合わせが深くなりやすい
  • 歯列のずれは、普段の表情からもその兆候が読み取れます。下記のような表情が気になる場合は、プレオルソでの矯正が有効です。

  • ぽかん口:食事や話すとき以外でも口を閉じられない、口呼吸をしている
  • 口元に力が入りすぎている:逆に噛み合わせが強すぎる
  • 特に、口呼吸が続くとさまざまな悪影響が生じます。歯並びが悪くなるのはもちろんのこと、虫歯や口臭の原因ともなるのです。さらに、悪影響は歯や口だけにとどまりません。アレルギー疾患が増えたり、風邪をひきやすくなったりと、各種の病気も招くことになるのです。

    プレオルソのメリット

    通常矯正に比べて痛みが少ない

    歯列矯正の方法を選ぶ際に重要なポイントとなるのが「痛くないかどうか」です。特に小さな子どもの場合は、苦痛や違和感が大きい方法だと嫌がるため継続が難しいケースも出てきます。しかし、プレオルソは歯列矯正方法の中でも負担の少ない器具です。ブラケットやワイヤーだとどうしても痛みや違和感が出てしまいますが、柔らかいポリウレタンを主素材としたプレオルソは、装着時に痛みを生じにくいので、小さなお子さんでも嫌がらずに矯正を継続できるのです。

    毎日10時間の装着で矯正ができる

    歯列矯正が嫌がられる要因としては「四六時中器具を装着し続けなくてはいけない」というものもあります。いったん慣れてしまえば問題ないとはいえ、それまでは違和感に悩まされることも少なくありません。しかし、プレオルソの場合はずっと装着しておく必要はありません。1日およそ10時間装着しておけば矯正は可能なのです。1日10時間と聞くと一見長いように思えますが、寝ているときに着けておけばいいので、起きているときに着けていなくてはいけない時間は実質1~2時間程度で十分なのです。さらに、治療開始後の来院もそう頻繁でなくて問題ありません。最初のうちは1~2か月に1回口の中の状態を確認しますが、それ以後の通院は3か月に1回程度で十分です。

    手軽に着脱でき、メンテナンスも簡単

    矯正器具を着けていると、よほど念入りに歯磨きをしないと、口の中を清潔にすることが難しくなります。器具の裏側などはどうしても磨き残しが生じやすいからです。そうした状態が続くと、矯正期間中に虫歯ができてしまい、矯正を中断して虫歯の治療を先にしなくてはいけなくなります。歯列矯正による治療期間が長引いてしまいますし、その分費用も余計に掛かってしまいます。

    しかし、プレオルソなら簡単に着脱できるので、歯磨きのときは外して磨けば口の中を清潔に保てます。また、汚れた場合でもメンテナンスも簡単にできます。

    永久歯を抜かずに済む可能性もある

    子どもの歯科治療の場合は、歯科矯正に限らず虫歯の治療などでも、永久歯を抜かずに済む治療法を希望するはず。

    プレオルソによって口周りの筋肉のバランスを整え、正しい歯並びを促すことができれば、永久歯を抜かずに済む可能性があります。

    さまざまな不正咬合に対応できる

    プレオルソには、不正咬合の種類に合わせた3つのタイプがあります。上顎前突、過蓋咬合に対応したタイプⅠ、開咬症に対応したタイプⅡ、反対咬合に対応したタイプⅢの3種類のマウスピースを使い分けることで、さまざまな歯並びを矯正することができるのです。

    また、マウスピース自体もお湯で変形できるほど柔らかいので、一人ひとりの歯列にしっかり合わせて矯正することができるのです。

    費用が安く済む

    歯列矯正では平均して80~120万円近い治療費がかかるため、治療費の負担が最も大きな問題といえます。プレオルソは従来の方法に比べ、安い費用で治療を受けられるのです。

    プレオルソは前述の通り、ひとり一人の歯の状態に合わせて3つのタイプを使い分けることができます。また、柔軟な素材を用いているので個人差のある歯の状態にもしっかり対応することができるのです。

    歯型の採取や個人ごとに合わせて矯正装置を一つひとつ作る必要がないので、その分コストを大幅にカットできるのです。

    プレオルソのデメリット

    家族の協力が不可欠である

    プレオルソは、小さな子供に適している反面、使用するのが小さな子どもだからこそ家族がしっかり見守っていないと、十分な効果が発揮できません。子供が知らないうちに器具を外してしまうことも考えられるので、しっかり見守っておく必要があります。

    矯正期間が長い

    歯列矯正は、どの方法でも決して短くない時間がかかりますが、プレオルソの場合は特に長い時間を要します。大人の歯が生えそろう中学1年生くらいまでは経過観察が必要です。

    こだわりで選ぶ
    渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

    「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。