渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 歯列矯正に関する基礎知識 » 大きい前歯への矯正歯科での対処法は?

大きい前歯への矯正歯科での対処法は?

歯並びの悪さ、つまり歯列不正にはさまざまな原因があります。「前歯が大きいこと」も原因の一つ。では、歯並びにおいて「前歯が大きいこと」はどのように影響するのでしょうか。ここでは、大きな前歯が原因となる歯列不正とその矯正方法について解説していきます。

なぜ歯が大きくなるの?

目鼻立ちがひとり一人異なるように、歯の大きさも違いがあり、中には歯がほかの人よりも大きいケースがあります。では、なぜ歯が大きい人がいるのでしょうか。

最初に挙げられる原因は遺伝です。あごや歯の大きさは親からの遺伝による部分が大きく、永久歯の大きさは親からの遺伝で決まる部分が64%もあるという報告もされています。

もう一つの原因は食生活です。現代人の噛む回数や噛む力は、食べ物が柔らかくなったことにより減少傾向にあります。それによってあごの骨が小さくなり、相対的に歯が大きくなっているというわけです。また、食事の高栄養化によって歯が大きく成長しやすくなったという側面もあります。こうした変化から、現代人の口は「あごの骨は小さく、歯が大きい」という状態になりやすいという考えがあります。

ほかにも、前歯を差し歯にしている場合、その差し歯の長さが長いせいでほかの歯とバランスが合わず前歯が大きく見えるというケースもあります。

「前歯が大きい」の二つのケース

絶対的に前歯が大きい

「絶対的に前歯が大きい」というケースは、「一般的な歯の大きさから逸脱して前歯が大きい」という状態です。前歯の永久歯の一般的なサイズは、男性が8.6mm女性が8.5mm前後となっています。従って、このサイズを超える歯は「絶対的に前歯が大きい」と判断できるでしょう。成人だけでなく、子どもの生え変わった歯のサイズが明らかに不自然に大きいという場合は、上記のサイズを参考に計ってみましょう。

相対的に前歯が大きい

「相対的に前歯が大きい」というケースは、「前歯のサイズ自体は特別大きくないが、ほかの歯と比較すると大きく見える」という状態です。「前歯が大きい」と感じられるケースのほとんどは「相対的に前歯が大きい」方です。

前歯が大きいことによる悪影響

前歯だけに限りませんが、一部の歯だけが大きいと、八重歯や出っ歯の原因となります。そもそも「正しい歯並び」とされる状態は、ただ単に歯の並びがきれいというだけではなく、歯とあごの大きさのバランスが整っている状態を差します。そのため、歯とあごの大きさがバランスよく合致していないと正しい歯並びにはならないのです。

前述の通り、現代人はその食生活の変化から、あごは小さく、歯は大きくなる傾向にあります。小さなあごに大きくなった歯が押し合いへし合いしながら無理やり収まる状態のため、歯並びが崩れ、八重歯や出っ歯になりやすいのです。さらに、前歯が大きいとそれに押される形で隣の歯が後退してしまいます。そうなると前歯がより大きく見えてしまいます。

また、前歯が大きいと歯が前方に突出し、出っ歯になりやすい傾向があります。重度の出っ歯ですと口をきちんと閉じることが難しくなり、無意識に口が開くことで口内が乾燥する「ドライマウス」のリスクが高まります。ドライマウスは口臭や虫歯、歯周病などの原因にもなるので注意が必要です。

大きな前歯に対する対処法

絶対的に前歯が大きい場合の対処法

絶対的に前歯が大きい場合では、歯を削って適切なサイズにするのがひとつの対処法となります。歯を削ると言っても、ほんの0.5mm程度なので、痛みやしみるといった心配はしなくていいでしょう。ただし、正常な歯並びを手に入れるには大きな歯を削っただけでは不十分です。大きな歯を削ればその分だけ歯と歯の間に隙間ができてしまうので、その隙間を埋めるための矯正治療が必要となります。

前歯以外を削る方法

前歯以外を削る治療法として、前歯の横にある「側切歯」という歯の大きさに合わせ、調整しながら削るというやり方があります。また逆に、前歯に比べて小さい側切歯の方を、前歯に合わせて大きく形態修正するという方法もあります。

また、口内の状態によっては歯を抜かなくてはいけない場合もあります。歯があまりにも肥大化している場合や上下のあごの位置に問題がある場合は、抜歯をする必要があるかもしれません。抜かないで対処する場合は、削る以外に歯を外側に傾けて隙間を作り、歯を正しい位置に移動させる方法がとられます。

子供への治療法

子供の永久歯の場合は、歯の神経を覆っている象牙質の層がまだ薄いので、神経へのダメージを考慮してなるべく削りません。代わりにあごを大きくするための矯正治療が行われる場合も。あごの骨が成長しきっていない、小さいうちから適切な処置を行う治療法です。将来的に矯正が必要なくなる、矯正が必要になっても歯を抜かなくて済むといったメリットがあります。

相対的に前歯が大きい場合の対処法

相対的に前歯が大きいケースのほとんどは、矯正治療で対応できます。相対的に前歯が大きいケースは、あくまでほかの歯と比べたときにそう見えるのであって、実際に歯が大きいわけではないのがポイント。近くの歯が小さかったり、前歯が手前に来ていたりすると、その影響で前歯が大きく見えます。歯の位置を整えることで、歯を削ったりしなくても前歯が大きく見える状態を解消することができるのです。

その他の治療法

ほかには、歯茎の再生治療を行うケースもあります。差し歯のサイズが周りの歯と合わない場合や歯茎の位置が上がってしまった場合、歯茎が伸びてしまった場合などに行われます。この方法では、歯茎の位置を揃えることで歯が不自然に大きく見えるのを防ぎます。

歯を削る治療のデメリット

矯正治療の1つとして行われる歯を削る方法。歯を抜かずにすぐに歯列を整えられる、ノーリスクな施術と思われがちですが、治療行為である以上リスクは存在します。歯の表面はエナメル質で覆われていますが、安全に削れるのはその四分の一か三分の一程度。もしも大幅に歯を削ってしまうと、歯の内部の神経にまで到達してしまうのです。万が一削りすぎた場合は、神経を抜いて差し歯を入れることになります。

天然の歯は複雑なグラデーションになっているのに対し、差し歯はどうしても天然の歯と同じ色調を再現することは難しいのが問題です。原因は、差し歯は使用に耐える強度を確保するために金属を裏打ちしなくてはいけないので、天然の歯のような光の透過を再現しにくいからです。

前歯が大きさをコンプレックスに感じている人の多くは、「前歯を削って整えて欲しい」と考えがちですが、必ずしも削ることが一番の治療法とはいえません。歯の状態によっては歯列矯正で大きく印象を変えることも可能です。歯の矯正治療を受ける時は、まずは医師と相談し、自身の口内の状態に合わせた最適な治療法を選びましょう

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。