渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 歯列矯正に関する基礎知識 » 大学病院での矯正について

大学病院での矯正について

一般のクリニックと大学病院の違いは?

一般のクリニックの特徴

クリニックは、医師でなくても開設できます。開設者が医師、又は歯科医師個人であるか、非医師であるかは問われないのです。なので、市町村や医療法人、社会福祉法人等の法人が開設する診療所もあります。

また、クリニックは大学病院に比べて入院施設の数が少ないのも特徴です。大学病院は少なくとも20床以上の入院施設を持っていますが、クリニックについては「19床以下、もしくは無床」と医療法により定められています。

更に、クリニックという名称に決まった定義は特になく、「診療所」や「医院」などと一緒で、名称を自由につける事が出来ます。ただ、名称が自由すぎるとクリニックであることがすぐに分からない事もあるため、患者さんが困惑するのを防ぐため、大阪市などでは、「医療機関であることが容易に判断できる名称」という、自治体ごとのルールが存在する所もあります。

大学病院の特徴

大学病院とは、大学(医学部、歯学部、医科大)の付属施設である医療機関のことを指します。

そして大学病院では、最低でも20床以上の入院施設を設置することが医療法により定められています。これは入院患者のベット数が20以上のということになるので、比較的規模の大きい医療機関を指します。

また、許可病床数が100床以上と多く、主な診療科(外科・内科・眼科・産婦人科・耳鼻咽喉科など)を設置しているのも特徴です。

更に大学病院では、より専門的で精密な検査を行うことができるため、重症疾患や、クリニックでは治療できない病気を治療することに適しています。クリニックから大学病院への紹介状をもらうのも、精密な検査がクリニックではあまりできないことが理由となっています。

矯正治療における違いは?

一般のクリニックのメリット

まずクリニックは、どこにでもあることが大きなメリットとなります。もし自分が住んでいる所からクリニックが遠かったら、病気になってもクリニックに行くまでがまず大変です。しかし、クリニックは街の中心部に行かなくても家の近くにあるので行きやすく、治療中も通いやすいのがメリットといえるでしょう。

また、矯正治療における違いとして、身近な疾患をすぐに診てもらえる、という安心感があります。矯正治療は矯正を進めるにつれて矯正部分が変化していきます。そんな中で、急に矯正部分に痛みを感じたとき、家から近い場所にあるクリニックで診てもらえると思えば、気持ちも楽になるでしょう。

更にクリニックでは、症状に対応ができない場合、大きな病院に紹介状を書いてくれます。紹介状を書いてもらうことにより、お医者さんの間でしっかりと情報が共有され、患者さんも二度同じ検査等をする必要が無くなります。また、病院によって異なりますが、紹介状がない場合に比べて、紹介状があった方が安くなることが多いのです。

一般のクリニックのデメリット

クリニックのデメリットとして、まずは専門的な治療ができないことが挙げられます。クリニックは基本的に軽い症状の病気やけがを診療することが多い傾向にあります。なので大きな病気やけがとなると、クリニックでは対応できず、再度大きな病院に行かなければならないという手間がかかってしまいます。

また、特に矯正治療においては、クリニックが対応する分野の中に自分が望む矯正治療が入っていないことがあります。顎変形症や先天性疾患に基づく矯正治療(保険診療)などは、一般的にクリニックでは対応できない為、大学病院などを受診することになるでしょう。

なので、矯正治療をする際には自分の症状を把握し、近くのクリニックで対応できるのかどうか、しっかりと調べておくと良いでしょう。

大学病院のメリット

大学病院には、沢山の設備があります。歯科に限らず、大学病院は一般の病院よりも高度な設備や技術を持っていることが多いので、特殊な治療が必要な場合でも対応でき、大きなメリットになります。

また、医師の数が多いので、もし担当医が合わなくても、希望すれば比較的簡単に別の医師に替えてもらうことができます。引っ越しが予想される場合も、国立大学の大学病院であれば、元々診療を受けていた病院から治療費を引き継げるので安心です。

更に大学病院では専門的な治療を行っている所もあるので、難しい矯正治療なども引き受けてくれることが多いのです。また、専門的な治療だけでなく、サポートも万全体制のところが多いので安心できます。

大学病院のデメリット

大学病院は、教育機関という面も持っています。なので研修中のドクターも多く、医師を指定して希望しないと大抵の場合は研修中のドクターが担当となってしまいます。もし経験豊富なベテランのドクターに診察してほしい場合は注意が必要です。

また、大学病院には沢山の人が治療を受けに来るので、1回の診察をするのに1日かかることが多く、忙しい人などはこの点がデメリットとなってしまいます。

更には、予約の取りづらさもデメリットに挙げられます。大学病院の予約は取りづらいことが多く、自分のスケジュールと医者のスケジュールがなかなか合わないために、次の診察がかなり先の日程になってしまうこともあります。

特に矯正治療は期間が長くかかる治療ですので、ある程度自分のスケジュールは開けておくようにしましょう。

東京医科歯科大学

特徴

国立大学の中では初の保健衛生学科の設立をしています。また、来院する患者さんの数は、歯科病院では全国一とも言われています。

どのような患者さんに対しても的確に応えるため、患者さん一人ひとりに対して必要な治療をするための外来(専門外来) があります。

担当医の指定はできず、原則として担当医の変更などもできない事になっています。

口コミ

紹介して頂いたお医者様に関しては、ある程度はこちらから選ぶことができるのが良いです(10代・女性)

普段通っている歯医者さんからの紹介で行きましたが、先生方は皆さん礼儀正しくて親切でした。
大きな病院なのでどんな対応をされるのか不安でしたが、治療をごり押しする事はなく、むしろ一度帰ってゆっくり考えてください、くらいの穏やかだったので良かったです(20代・女性)

大学病院なので仕方ないですが、研修医の方が多く、研修医の方の診察前の予診の長さが少々気になります(10代・男性)

東京医科歯科大学の概要

所在地:〒113-8549東京都文京区湯島1-5-45

電話番号:03-5803-4300

1928年に設立。病床数は60床で、歯科、矯正歯科、小児歯科、歯科口腔外科に精通しています。

東京歯科大学 水道橋病院

特徴

日本で最初にできた歯科大学病院です。

急性炎症、外傷、出血などの緊急の処置および後処理が必要な場合を除き、初診時の処置については、抜歯などの観血的処置は行わないことを原則としています。

歯に精通する診療科が多いのが特徴ですが、内科や放射線科などの一般的な診療科も見られます。

また、診療科の中には、予約が必須な「予約必須診療科」があります。

口コミ

確かな設備に加え、信頼できる歯科医が存在している病院です。しかし、人が多いので待ち時間は多少かかってしまうかもしれません(40代・男性)

入院病棟は人が多く、病院の一階会計フロアは常に満員でした。予約待ちで手術は数カ月待たされます。しかし、執刀医の先生は手術後、朝一番で私のベッドまで来てくれて、非常に丁寧な説明をしてくれました。「医は仁術」という意識が感じられましたね。(50代・男性)

検査をする時には、レントゲンやCTが同じフロアにあり、いっぺんに用を済ませることができました。駅からも近い位置にあるので、通いやすいと思います(10代・女性)

大学病院なので待ち時間はかなりかかりましたが、治療を自分の希望した方針で行って頂けたので感謝しています。(30代・女性)

東京歯科大学 水道橋病院の概要

所在地:〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-9-18

電話番号(総合お問い合わせ):03-5275-1932

1890年に設立。病床数は20床です。各医療機関との連携を密にした高次歯科医療を担っています。

昭和大学歯科病院

特徴

高度な専門性を持つ17の診療科とそれらを横断的に支援する6つの中央診療部門を持ち、ほとんどの診療科は歯や口に関連するものです。

基本的に予約制の受診を行っています。担当医を指名することはできません。

歯科病院から直線距離で半径16km圏内、かつ、全身の状態が不安定で歯科病院へ来ることができない患者さんに限り、往診にて摂食・嚥下障害の診療を行っています。病院・施設・在宅のいずれの場合も往診に向かうことができます。

口コミ

小児歯科にお世話になりました。待っている間はビデオや絵本(昔ながらのヒーロー本など)があり、とてもリラックスして待つことができました。小児歯科というだけ親子も多かったです。診ていただいた先生はとても人当たりが良く、子どももすぐに慣れることができました(3歳児の親・男性)

設備は整っていますが、大きな病院なのでとにかく人が多いです(20代・女性)

親知らずの抜歯や虫歯の治療をする際に、点滴麻酔を使用してくれます。その為、歯の治療に安心して取り組むことが出来ますし、痛みを全く感じないです。また、待ち時間が長い時には、病院の近くにコンビニとドラッグストアがあるので、そこで暇を潰すことが出来ます(20代・女性)

昭和大学歯科病院の概要

所在地:〒145-8515 東京都大田区北千束2-1-1

電話番号:03-5498-1954

1977年に設立。病床数は22床です。患者さんの病気の治療だけでなく、不安や悩みを取り除くために、真心のこもった医療に取り組んでいます。

日本大学歯学部付属歯科病院

特徴

患者さんの約40%が一般診療機関からの紹介によるものであり、むし歯、歯周病から顎、顔面等における疾患まで幅広く受け入れています。

顎や口にかかわる診療科の数が多く、種類も細かく分けられています。また、歯周病になった際は、歯周外科手術を行い処置歯根にエムドゲインというタンパクを主成分とした生物材料を使用。壊れた歯周組織の再生を図る低侵襲の治療法である、先進医療(バイオ・リジェネレーション法)を実施しています。

口コミ

担当してくれた先生はとても優しく丁寧でした。診察の際の説明も分かりやすかったです(30代・男性)

予約をしていたので、それほど待つことはありませんでした。難しい治療の場合も、安心して任せられます(50代・男性)

担当医が主に診察をしてくれましたが、ベテラン医師も診療のチェックを行っていて、チームで診断してもらっているような感覚でした。説明も分かりやすくて良かったです(30代・女性)

病院内はかなり老朽化していました。ところどころ壁の汚れが気になりましたが、診察自体は悪くなかったです(20代・男性)

日本大学歯学部付属歯科病院の概要

所在地:〒101-8310 東京都千代田区神田駿河台1-8-13

電話番号:03-3219-8020

1917年開院。病床数は24、歯科用ユニットは144台あります。一般診療機関では対処に困難な症例あるいは特殊な治療を要する患者さんが本歯科病院を訪れることが多いようです。

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。