渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 歯列矯正に関する基礎知識 » 歯ぎしりは矯正治療で治せる?

歯ぎしりは矯正治療で治せる?

歯ぎしりの原因

心因性ストレス

歯ぎしりの代表的な原因が、環境の変化などからくる心因性のストレスです。入学、就職、結婚など、周囲の環境が大きく変化したときに歯ぎしりが起こるようになる例はたくさんあります。大病などの大きな原因がなくても、日常のちょっとしたことがきっかけとなって歯ぎしりが起こるケースはよくあるのです。

歯並びが悪い

歯並びが悪いと噛み合わせも悪いことが多く、そして噛み合わせが悪いと歯ぎしりも出やすくなります。噛み合わせが悪い状態だと歯の摩擦が大きくなり、それが原因で歯ぎしりが起こるようになるのです。

虫歯や歯周病の急激な進行

虫歯や歯周病が急激に進行すると、歯が溶けたり歯茎が陥没したりすることがあります。そうなると歯並びが乱れ、それによって噛み合わせが悪くなり、結果、歯ぎしりが起こるようになるのです。

歯を食いしばる癖がある

力仕事などで普段から歯を食いしばる癖があると、寝ている間も歯を食いしばりがちになります。重い荷物を持つ運送系の仕事や、利用者を抱えて移動することが多い介護関係の仕事をしている人は、歯を食いしばる癖があることが多いです。

あごの周辺に急激な変化がある

何らかの要因であご周辺に急激な変化があると、それがきっかけで歯ぎしりが起こるリスクが高くなることも。歯ぎしりが起こる主な流れは、主に噛み合わせが悪くなり、そこから歯ぎしりが発生することが挙げられます。歯周病などの病気以外にも、事故であごを強く打つなどの経験があれば、それが原因で噛み合わせが悪くなる場合もあります。

飲酒・喫煙

明確な因果関係は不明ですが、アルコールやニコチンの摂取が歯ぎしりを誘発することもあるようです。飲酒や喫煙が増えた人は注意しましょう。

歯ぎしりの原因は完全には解明されていない

これまで歯ぎしりの原因について述べてきましたが、実は歯ぎしりの原因は完全に解明されてはいません。また、原因として大きいものはストレスと噛み合わせの悪化ですが、これらを生じさせる原因は無数にある点も原因が特定しにくい理由の1つです。

これまで述べてきたものだけが、ストレスや噛み合わせの悪化を招くとは限りません。ほかに心当たりがある場合は、リスクを高めるであろう要因を取り除くよう心がけましょう。

歯ぎしりを放置するリスク

歯が傷む、しみやすくなる

歯ぎしりをすれば、当然歯には強い力がかかり、それは歯へのダメージとなります。そうしたダメージが蓄積されていくと、歯はどんどん傷んでいくのです。特に、歯ぎしりは起きている間だけでなく寝ているときにも起こるため注意が必要です。歯ぎしりを改善できないでいると、知らない間にどんどん歯へのダメージが蓄積していくことになります。

放置すると、歯の表面のエナメル質がはがれて、その下にある象牙質がむき出しの状態になってしまいます。この状態では歯が無防備になるので、冷水や熱い飲み物、刺激物がしみるようになったり、痛みに敏感になったりしやすいのです。

詰め物、かぶせ物が取れる、破損する

歯ぎしりによって大きな力がずっと加わる部分に詰め物やかぶせ物があると、それらが破損してしまうことがあります。主に歯の治療に使われるセラミックは、想定以上の強い力には耐えられないため、歯ぎしりが続くと脱落や破損が起こります。

たとえセラミックよりも耐久力の強い金属製の詰め物であっても、長期にわたって強い力が加えられ続けると、強い力や振動などによって外れてしまうことがあるのです。

あごが痛くなる

私たちが普段意識することなく行っている「噛む」という行為ですが、あごの力は非常に強く、数十kgの力が掛かります。歯ぎしりを長期間放置していると、数十kgもの力が頻繁にあごにかかり続けることに。その結果、あごの関節の負担によって、顎関節症になってしまう場合もあるのです。

あごを開閉する際に関節が痛んだり、違和感があったりする場合には、原因として歯ぎしりが潜んでいる可能性があるため注意しましょう。

歯が割れてしまう

虫歯は健康な歯に比べてもろくなっています。虫歯になった歯は、表面が虫歯菌によって削られている状態。もしも歯ぎしりによって力が加えられ続けると、正常な歯よりもすり減りやすくなります。最悪の場合、そのまま歯が割れてしまうこともあるため注意が必要です。

虫歯も歯ぎしりもあるという人は、歯を失ってしまうリスクが高くなりやすいので、早急に対処しましょう。

歯茎がやせる

歯ぎしりによる悪影響を受けるのは、歯だけではありません。歯茎も歯ぎしりによって負荷を受け続けると、だんだんと痩せてくるのです。歯茎が痩せてくると歯の健康状態が悪くなったり、歯周病の原因になったりします。

肩こり、片頭痛

歯ぎしりがあるということは、常にあごに力がかかっているということです。そのため、歯や歯茎だけでなく、あご周辺の筋肉、引いては首筋や方にも常に負担がかかることになります。長期間にわたってそうした状態が続くと、肩こりや片頭痛を招く原因になります。慢性的な肩こりや頭痛がある場合は、歯ぎしりが原因かもしれません。

エラが目立つようになる

歯ぎしりをするときには奥歯に力が入ります。歯を食いしばる時、最も使われるのがエラ部分の筋肉。歯ぎしりをしていると、常にこの部分に力が加わるようになってしまいます。長期間そうした状態が続くと、エラが張って顔全体が大きくなってしまうことがあるのです。

対処方法

ストレスの解消

心因性のストレスが多い環境にあるなら、まずはストレスを解消するのが効果的です。特別なことをしなくても、リフレッシュするために外出する、適切な休暇を取るなどの方法で改善可能です。

また、入学、転勤、結婚などの周囲の環境が大きく変わるようなイベントの際には心因性のストレスが増加する傾向にあるので、そうした出来事があった際にはストレス解消を心がけましょう。

本人にとってみれば、ストレスが溜まっているかどうかはなかなか自覚できない部分もあるはず。ストレスがあるかどうかを調べるため、逆に歯ぎしりが出ているかどうかで確認する方法もあります。何らかのストレスを抱えている状況にあれば、どこかしら体に変化も現れるはず。そうした兆候を素早く察知することで状況が悪化することを防げるのです。

マウスピースの使用

就寝時の歯ぎしりを防止する方法としては、ナイトガードというマウスピースがあります。ナイトガードは歯科医院で作ってもらえるので、歯ぎしりが気になる人は歯科医院で歯型を取って、ナイトガードを手に入れましょう。歯ぎしりを自覚できない就寝時に、歯へのダメージを防ぐことができます。

また、ナイドガードの形状や硬さを調整すれば、歯ぎしりの回数自体も減らすことができます。なお、市販品のマウスピースもありますが、自分の歯の形状に合っていないと、かえって噛み合わせが悪くなるといったようなトラブルが発生する場合も。歯並びが悪くなるリスクを抑え、歯ぎしりを防ぎたい場合は、必ず歯科医院で型を取ってもらったマウスピースを使うようにしましょう。

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。