渋谷区で探すオススメ矯正歯科ガイド » 年齢・年代ごとに考える矯正治療

年齢・年代ごとに考える矯正治療

矯正と年齢の関係

矯正は年齢関係なくできる治療です。子どもが受ける治療…というイメージが未だに根強く残っていますが、最近では成人矯正、とくに30代や40代で矯正を始める方も珍しくありません。なかにはシニア世代でも、矯正治療に挑戦する方もいらっしゃいます。

歯並びを整えると審美面の改善はもちろん、虫歯や歯周病になりにくくなったり、噛み合わせが良くなることで体調や健康に好影響を与えたり、食べることの楽しくなってQOL(クオリティ・オブ・ライフ)が向上したりとたくさんのメリットがあります。それは何歳になっても変わりありません。

もちろん、歯が動きやすい子どものうちに矯正しておくことが一番ですが、大人になったからといって遅くはないのです。

【年代別】矯正治療について

10代の矯正

矯正は子どものうちに済ませておくのがベストです。それは歯科医療が発展している今でも変わりありません。

子どものうちに矯正しておく最大のメリットは、子どものほうが骨が柔らかいため歯が動きやすく、大人と比べてスムーズに矯正治療が進むこと。また成人矯正と比べると費用が安く済むケースが多く、さらに口元がキレイになることで笑顔に自信が持てるようになります。今後の就職活動や成人式といったライフイベントを考えても、早めに矯正しておくほうが有利でしょう。

10代の矯正について詳しくみる

20代の矯正

「金銭的な理由で矯正を諦めていた方が社会人になり、20代半ば~後半に入って金銭的に余裕ができた」といった理由で、20代で矯正を始めるケースが多々。また「子どもの頃は矯正がイヤだったけど今は歯並びが気になる」として矯正を始める方も。

とはいえ、20代のうちに自由に使えるお金はそれほど多くはありません。コストパフォーマンスを重視してクリニックを選んだり、また審美面を気にして目立たない矯正方法を選ぶ方が多いようです。

20代の矯正について詳しくみる

30代の矯正

30代で矯正を始める方も、今の時代では珍しくありません。見た目だけでなく、将来の健康を考えて30代で矯正治療を始める人が増加しているようです。20代同様子どものうちに治療が受けられなかったという人や、一度矯正に挑戦したが途中で挫折してしまった…という人が再挑戦するケースも多いんだとか。

クリニックを選ぶ際に重視したいポイントは「目立たない矯正を扱っているか」「クリニックの通いやすさ」の2点です

30代の矯正について詳しくみる

40代の矯正

矯正は40代からでも遅くはありません。近年では成人矯正を行う患者の約8割が20~40代、というデータもあります。長年の審美的なコンプレックスを解消できることはもちろん、歯周病リスクを減らしたり咀嚼機能を改善したりと健康面でも大きなメリットが期待できます。

40代で矯正を始めるなら、「クリニックの通いやすさ」と「目立たない矯正を扱っているか」、また「歯周病治療が可能か」の3つに着目してクリニックを選ぶのがおすすめです。

40代の矯正について詳しくみる

50代の矯正

50代で矯正を行うことで、歯並びの悪さが改善されてフェイスラインが整い、見た目も若々しくなります。咀嚼機能の改善、虫歯や歯周病リスクの軽減、また噛み合わせを良くすることで偏頭痛や肩こりが解消されたり、健康面にも好影響が。

でも50代の方が矯正するには、口腔内が健康でなくてはなりません。たとえば歯周病になっている場合は、先にそちらの治療が必要になります。矯正歯科を探す際は「歯周病治療も受けられるクリニック」を選ぶと良いでしょう。

50代の矯正について詳しくみる

60代の矯正・シニア世代の矯正

60代やそれ以上のシニア世代でも、歯や歯茎が健康といった条件が付きますが、矯正できないわけではありません。口元がキレイになることで若々しい印象になったり、歯周病・虫歯の予防、ひいては8020運動としても効果的です。

クリニックを選ぶ際は、歯周病や虫歯があると矯正できないため、一般歯科を扱っているクリニックがおすすめ。また今後のことを考えて、バリアフリー設計がされているクリニックや訪問歯科を行っているクリニックを検討すると良いでしょう。

60代の矯正について詳しくみる

こだわりで選ぶ
渋谷・原宿の矯正歯科厳選リスト

「いざ、矯正歯科へ!」と思っても、どのクリニックを選んだらよいのか迷ってしまう方は多いはず。そこで、『費用が安い』、『夜まで診察している』など、矯正歯科を選ぶ際にこだわりたいポイント別に、注意点やオススメのクリニックを紹介します。 自分が足を運びやすいクリニックを選び、費用や内容に納得できる形で治療をスタートさせることが成功への第一歩。まずはしっかり吟味して矯正歯科を選びましょう。